>   漢詩   >   唐詩選   >   巻二 七古   >   春江花月夜(張若虚)

春江花月夜(張若虚)

春江花月夜
しゅんこうげつ
ちょうじゃくきょ
  • 七言古詩。
  • ウィキソース「春江花月夜 (張若虛)」参照。
  • 春江花月夜 … 楽府題の一つ。『楽府詩集』巻四十七・清商曲辞・呉声歌曲に属する。陳の後主陳叔宝が最初に作った歌曲であるが、現存していない。『旧唐書』音楽志に「春江花月夜・玉樹後庭花・堂堂は、並びに陳の後主の作る所なり。叔宝、常に宮中の女学士及び朝臣と相和して詩をつくる。太楽令しょ、又文詠を善くし、其のもっと艶麗えんれいの者を採りて以て此の曲を為る」(春江花月夜、玉樹後庭花、堂堂、並陳後主所作。叔寶常與宮中女學士及朝臣相和爲詩。太樂令何胥又善於文詠、採其尤豔麗者以爲此曲)とある。ウィキソース「舊唐書/卷29」参照。
  • 春江 … 春の川辺。春の長江。
  • この詩は、春の川辺に花が咲き、明月の照りわたる夜景を詠んだもの。
  • 張若虚 … 660?~720?。初唐の詩人。揚州(江蘇省揚州市)の人。官はえん州(山東省)の兵曹(兵事をつかさどる下級官吏)で終わった。賀知章・張旭・包融とともに「呉中の四士」と称された。現在に伝わる詩はわずか二首のみ。『唐詩選』ではこの一首を収録。ウィキペディア【张若虚】(中文)参照。
1
  • 逐解換韻格(四句を一解といい、その一解ごとに換韻すること)。
  • 平・生・明(平声庚韻)。
01 春江潮水連海平
しゅんこうちょうすい うみつらなってたいらかなり
  • 春江 … 春の長江。南朝宋の顔延年の「車駕京口けいこうこうせしとき、侍して蒜山けいざんに遊ぶの作」(『文選』巻二十二)に「春江には風濤ふうとうさかんにして、らんには稊英ていえい茂る」(春江壯風濤、蘭野茂稊英)とある。風濤は、風が吹いて波がたつこと。稊英は、芽ばえ。ウィキソース「車駕幸京口侍遊蒜山作」参照。
  • 潮水 … 満ちあふれるうしお。『楚辞』九章の「悲回風」に「霜雪のともくだるを悲しみ、潮水の相撃つを聴く」(悲霜雪之倶下兮、聴潮水之相撃)とある。ウィキソース「楚辭/九章」参照。また隋の煬帝「春江花月の夜二首 其の一」(『楽府詩集』巻四十七・清商曲辞・呉声歌曲)に「こう平らかにして動かず、春花満ちて正に開く。流波は月とともに去り、潮水は星を帯びて来たる」(暮江平不動、春花滿正開。流波將月去、潮水帶星來)とある。ウィキソース「樂府詩集/047卷」参照。
  • 連海平 … はるか大海原へと平らに続いている。
02 海上明月共潮生
かいじょう明月めいげつ うしおともしょう
  • 海上 … 大海原の上に。
  • 明月 … 明るく輝く月。
  • 共潮生 … 満ち潮とともに昇ってくる。『太平御覧』に引く『抱朴子』に「月の精、水より生ず。ここを以て月盛んにして潮濤大なり」(月之精生水。是以月盛而潮濤大)とある。ウィキソース「太平御覽/0004」参照。
03 灩灩隨波千萬里
灩灩えんえんとしてなみしたがう 千万せんばん
  • 灩灩 … 月の光が水に映ってきらめくさま。『唐詩選』『古今詩刪』では「灔灔」に作る。異体字。南朝梁の何遜「新月を望んで同羈に示す」(『古詩紀』巻九十四)に「的的と沙とともに静かにして、灔灔として波を逐って軽し」(的的與沙靜、灔灔逐波輕)とある。ウィキソース「古詩紀 (四庫全書本)/卷094」参照。
  • 随波 … 波のまにまに広がってゆく。『晋書』束皙伝に「故に逸詩に云う、しょう波に随う、と」(故逸詩云、羽觴隨波)とある。羽觴は、雀が翼を広げた形に作った酒杯。ウィキソース「晉書/卷051」参照。
  • 千万里 … 千里万里の彼方まで。
  • 里 … 『全唐詩』には「一作頃」とある。
04 何處春江無月明
いずれのところか しゅんこう 月明げつめいからん
  • 何処春江無月明 … この春の川のどこに、月の光が輝かないところなどあるのだろうか。
  • 月明 … 明るい月の光。
2
  • 甸・霰・見(去声霰韻)。
05 江流宛轉遶芳甸
こうりゅう 宛転えんてんとして芳甸ほうでんめぐ
  • 江流 … 川の流れ。『楚辞』七諫の「怨世」に「願わくは自ら江流に沈み、おうりゅうわたりてただちにかん」(願自沈於江流兮、絕横流而徑逝)とある。ウィキソース「楚辭/七諫」参照。
  • 宛転 … ゆるやかに曲がりくねっているさま。隋の煬帝「四時白紵歌」の「東宮の春」(『楽府詩集』巻四十七・清商曲辞・呉声歌曲)に「小苑花くれないにして洛水緑なり、清歌宛転として繁弦促す」(小苑花紅洛水綠、清歌宛轉繁弦促)とある。繁弦は、弦楽器の調子が激しく急であること。ウィキソース「樂府詩集/056卷」参照。
  • 芳甸 … 芳しい花の咲いている春の野原。甸は、郊外。または近郊の田園。南朝斉の謝朓の「くれに三山に登り、京邑けいゆうを還望す」(『文選』巻二十七)に「けんちょうは春洲を覆い、雑英は芳甸に満つ」(喧鳥覆春洲、雜英滿芳甸)とある。雑英は、種々の花。ウィキソース「昭明文選/卷27」参照。
  • 遶 … めぐって流れる。
06 月照花林皆似霰
つきりんらして みなあられたり
  • 花林 … 花咲く林。北周の庾信「趙王に和し奉る」(『古詩紀』巻一百二十八)に「けい日相たずさえ、花林鳥未だ棲まず」(花逕日相携、花林鳥未棲)とある。ウィキソース「古詩紀 (四庫全書本)/卷128」参照。
  • 似霰 … 木々に咲く花が月光に照らされて白く光る様子を、霰に似ていると表現したもの。りゅううん「鼓吹曲二首」の「其の一 独り見ず」(『玉台新詠』巻五)に「芳草生じて未だ積まず、春花落ちて霰の如し」(芳草生未積、春花落如霰)とある。ウィキソース「獨不見 (柳惲)」参照。
07 空裏流霜不覺飛
くうりゅうそう ぶをおぼえず
  • 空裏 … 空中。
  • 流霜 … 空中を流れ飛ぶ霜の気。西晋の張協の「七命」(『文選』巻三十五)に「奔沙を越え、流霜をにじり、扶揺の風を凌ぎ、堅氷の津をむ」(越奔沙、輾流霜、凌扶搖之風、躡堅冰之津)とあり、その注に「流は、猶お飛ぶのごとし」(流、猶飛也)とある。ウィキソース「六臣註文選 (四部叢刊本)/卷第三十五」参照。
  • 不覚飛 … 明るい月の光によって、霜の気が飛んでいることに気づかない。
08 汀上白沙看不見
ていじょうはく れどもえず
  • 汀上 … 渚。ぎわ
  • 汀 … 『唐詩解』では「江」に作る。
  • 白沙 … 白砂。白い砂。『史記』三王世家に「白沙、泥の中に在れば、之とともに皆黒しとは、土地教化、之をして然らしむるなり」(白沙在泥中、與之皆黑者、土地敎化使之然也)とある。ウィキソース「史記/卷060」参照。
  • 看不見 … 月の光の白さにまぎれて、見ても見分けがつかない。
3
  • 塵・輪・人(平声真韻)。
09 江天一色無纖塵
江天こうてんいっしょく 繊塵せんじん
  • 江天 … 川と空。南朝宋の謝荘の「侍して蒜山けいざんに宴す」(『古詩紀』巻五十六)に「霧んで江天かつ」(霧罷江天分)とある。ウィキソース「古詩紀 (四庫全書本)/卷056」参照。
  • 一色 … 白一色に澄みわたる。梁の武帝の「臨高台」(『玉台新詠』巻七)に「草樹しんたる無く、山河同じく一色」(草樹無參差、山河同一色)とある。参差は、ばらばらで不揃いな様子。ウィキソース「臨高臺 (蕭衍)」参照。
  • 繊塵 … こまかい塵。『初学記』に引く劉瑾の「甘樹賦」に「繊塵をあらって以て素を開く」(滌纖塵以開素)とある。ウィキソース「初學記/卷第二十八」参照。
10 皎皎空中孤月輪
皎皎こうこうたり くうちゅうげつりん
  • 皎皎 … 白く輝くさま。「きょうきょう」と読んでもよい。畳語(重言)。『詩経』陳風・月出の詩に「月出でて皎たり、佼人僚たり、おもむろに窈糾たり、労心悄たり」(月出皎兮、佼人僚兮、舒窈糾兮、勞心悄兮)とある。佼人は、美しい女。ウィキソース「詩經/月出」参照。その毛伝に「皎は、月光なり」(皎、月光也)とある。ウィキソース「毛詩正義/卷七」参照。また「古詩十九首」(『文選』巻二十九、『玉台新詠』巻一)の第十九首に「明月何ぞ皎皎たる、我がしょうを照らす」(明月何皎皎、照我羅牀幃)とある。羅は、薄い絹織物。うすぎぬ。牀幃は、寝床のとばり。ウィキソース「明月何皎皎」参照。
  • 空中 … 空の中。『列子』天瑞篇に「夫れ天地は空中の一細物、有中の最もおおきなる者なり」(夫天地空中之一細物、有中之最巨者)とある。ウィキソース「列子/天瑞篇」参照。
  • 孤月輪 … たった一つの丸い月。梁の武帝の「蘇属国の婦に代わる」(『玉台新詠』巻七)に「愴愴たり独涼の枕、搔搔たり孤月の帷」(愴愴獨涼枕、搔搔孤月帷)とある。帷は、とばり。ウィキソース「代蘇屬國婦」参照。
11 江畔何人初見月
江畔こうはん 何人なんぴとはじめてつき
  • 江畔 … この川のほとり。
  • 何人初見月 … はじめてこの月を見たのは誰だったのであろう。
12 江月何年初照人
江月こうげつ いずれのとしはじめてひとらす
  • 江月 … 川辺の月。川面を照らす月。
  • 何年初照人 … 初めて人を照らしたのは、いったい何時いつのことだったのだろう。
4
  • 已・似・水(上声紙韻)。
13 人生代代無窮已
人生じんせい 代代だいだい きわまりむこと
  • 人生 … 人の生。
  • 代代 … 幾代も続くこと。「世世よよ」に同じ。唐では太宗のいみな(世民)を避けて、「世」の字を「代」と書いた。ウィキペディア【避諱】参照。『拾遺記』に「後世の聖人、禹の跡に因りて、代代鼎を鋳る」(後世聖人、因禹之跡、代代鋳鼎焉)とある。ウィキソース「拾遺記/卷二」参照。
  • 無窮已 … 窮まることなく移り変わる。
14 江月年年祗相似
江月こうげつ 年年ねんねん あいたり
  • 年年 … 毎年毎年。
  • 祗 … ただ。『唐詩選』『楽府詩集』『唐詩品彙』『古今詩刪』『唐詩解』では「望」に作る。
  • 相似 … 全く同じ姿を繰り返す。
15 不知江月待何人
らず 江月こうげつ 何人なんぴとをか
  • 不知江月待何人 … 月はいったい誰を待っているのだろう。
  • 待 … 『唐詩選』『唐詩品彙』『古今詩刪』『唐詩解』では「照」に作る。
16 但見長江送流水
る ちょうこうりゅうすいおくるを
  • 但見 … ただ目に入るものは。
  • 長江送流水 … 長江が流れる水を絶えず送り続けている姿だけである。阮籍の「詠懐詩十七首 其の十七」(『文選』巻二十三)に「湛湛たんたんたる長江の水、うえ楓樹ふうじゅはやし有り」(湛湛長江水、上有楓樹林)とある。ウィキソース「詠懷詩 (湛湛長江水)」参照。
  • 長江 … 中国中部を東西に流れる同国最大の川。下流部を揚子江という。長江全域を指して揚子江と呼ぶのは、我が国はじめ国際的な通称。ウィキペディア【長江】参照。
5
  • 悠・愁・樓(平声尤韻)。
17 白雲一片去悠悠
白雲はくうん一片いっぺん って悠悠ゆうゆう
  • 白雲一片 … ぽつんとひとひらの白い雲。沈約の「鍾山の詩、西陽王の教えに応ず」(『文選』巻二十二)に「白雲は玉趾に随い、青霞は桂旗にまじわる」(白雲隨玉趾、青霞雜桂旗)とある。玉趾は、天子や君主などの足。おみあし。ウィキソース「鍾山詩應西陽王教」参照。
  • 去悠悠 … 遥か彼方へと流れ去っていく。
  • 悠悠 … 遥かに遠いさま。『詩経』鄘風・載馳の詩に「馬を駆ること悠悠、ここに漕に至る」(驅馬悠悠、言至于漕)とある。ウィキソース「詩經/載馳」参照。
18 靑楓浦上不勝愁
青楓せいふうじょう うれいにえず
  • 青楓 … 青々とした楓。
  • 浦上 … 入り江のほとり。浦は、入り江。
  • 不勝愁 … 愁いに堪えきれない。堪え難い愁いを抱く。
  • 不勝 … 堪えきれない。こらえきれない。
  • 勝 … 『唐詩選』では「堪」に作る。同義。
19 誰家今夜扁舟子
いえぞ こん へんしゅう
  • 誰家今夜扁舟子 … 今宵、小舟を浮かべている旅人は誰であろうか。
  • 誰家 … 誰であろうか。家は、人称につく助辞で俗語的表現。宋子侯の「とう嬌嬈きょうじょう」(『玉台新詠』巻一)に「知らず誰が家の子ぞ、かごひっさげて行〻ゆくゆく桑をる」(不知誰家子、提籠行采桑)とある。ウィキソース「董嬌嬈」参照。
  • 扁舟 … 舟底の平らな小舟。『史記』貨殖伝に「范蠡はんれい既に会稽の恥をすすぎ、……乃ち扁舟に乗り、江湖に浮かび、名を変じ姓を易え、せいきて鴟夷子皮しいしひと為り、とうきて朱公と為る」(范蠡既雪會稽之恥、……乃乘扁舟、浮於江湖、變名易姓、適齊爲鴟夷子皮、之陶爲朱公)とある。ウィキソース「史記/卷129」参照。
  • 子 … 旅の若者。
20 何處相思明月樓
いずれのところか あいおもう 明月めいげつろう
  • 何処思明月楼 … この旅の若者を慕う女性が住む明月に照らされた高殿は、どこにあるのか。
  • 何処 … どこにあるのか。
  • 相思 … 相手のことを恋い慕う。
  • 相 … ここでは「互いに」という意味ではなく、動作に対象があることを示す言葉。
  • 明月楼 … 明月に照らされた高楼。魏の曹植の「七哀の詩」(『文選』巻二十三)に「明月めいげつ高楼こうろうらし、りゅうこうまさ徘徊はいかいす。うえしゅうり、たんしてあいり」(明月照高樓、流光正徘徊。上有愁思婦、悲歎有餘哀)とあるのを踏まえる。ウィキソース「七哀詩 (曹子建)」参照。
6
  • 徊・臺・來(平声灰韻)。
21 可憐樓上月徘徊
あわれむし ろうじょう つき徘徊はいかい
  • 可憐 … 気の毒なことに。かわいそうに。南朝梁の簡文帝の「戯れに作る謝恵連体十三韻」(『玉台新詠』巻七)に「憐む可し枝上の花、早く得たり春風の意」(可憐枝上花、早得春風意)とある。ウィキソース「戲作謝惠連體十三韻」参照。
  • 楼上 … その高楼の上に。陳の後主の「舞媚娘二首 其の一」(『楽府詩集』巻七十三・雑曲歌辞)に「楼上にきょうえん多し」(樓上多嬌豔)とある。嬌艶は、なまめかしく美しい女性の姿。ウィキソース「樂府詩集/073卷」参照。
  • 月徘徊 … 月の光がきらきらと揺れ動く。
  • 徘 … 『全唐詩』『唐詩品彙』では「裵」に作る。「裴」の異体字。
  • 徊 … 『全唐詩』では「囘」に作る。「回」の異体字。
22 應照離人粧鏡臺
まさらすべし じん粧鏡しょうきょうだい
  • 応照 … きっと照らしているに違いない。
  • 離人 … 遠く離れている人。ここでは夫と離れて暮らす妻を指す。梁の元帝「春別れいおうず四首 其の四」(『玉台新詠』巻九)に「月光げっこうをして近遠きんえんからしめば、まさらすべしじんこんくを」(若使月光無近遠、應照離人今夜啼)とある。ウィキソース「春別應令」参照。また虞炎の「餞謝文学離夜」(『古詩紀』巻七十二)に「離人かなしみて東に顧み、遊子かなしみて西におもむく」(離人悵東顧、遊子愴西歸)とある。ウィキソース「古詩紀 (四庫全書本)/卷072」参照。
  • 粧鏡台 … 化粧をする鏡台。化粧台。『太平御覧』に引く魏武『上雑物疏』に「鏡台は、魏の宮中より出ず」(鏡臺、出魏宮中)とある。ウィキソース「太平御覽 (四庫全書本)/卷0717」参照。また南朝斉の謝朓「雑詠五首」の「其の四 鏡台」(『玉台新詠』巻四)に「粉を照らしてこうしょうを払い、花を挿んで雲髪をおさむ」(照粉拂紅妝、插花理雲髮)とある。紅妝は、あでやかな化粧のこと。雲髪は、美しい豊かな髪。ウィキソース「鏡臺」参照。
  • 粧 … 『全唐詩』では「妝」に作り、「一作玉」とある。「妝」は「粧」と同義。『楽府詩集』『唐詩別裁集』『古今詩刪』『唐詩解』でも「妝」に作る。
23 玉戶簾中卷不去
ぎょく れんちゅう けどもらず
  • 玉戸 … ぎょくで飾った扉。装飾を施した戸口。揚雄の「甘泉の賦」(『文選』巻七)に「玉戸をおしひらきて金鋪をぐ」(排玉戶而颺金鋪)とある。ウィキソース「甘泉賦」参照。
  • 玉 … 『全唐詩』には「一作遮」とある。
  • 簾中 … 扉に垂らしたすだれの中。
  • 巻不去 … 簾を巻き上げて月の光もいっしょに巻き込めようとするが、月の光は去らない。
24 擣衣砧上拂還來
とうちんじょう はらえどもきた
  • 擣衣砧上 … 織った布を柔らかくして光沢を出すため、きぬたの上に置いて棒で打つこと。擣は、棒で隅々まで叩くこと。砧は、布を打つときに下に敷く木や石の台。北周の庾信「趙王の看妓に和す」(『古詩紀』巻一百二十八)に「長く思う浣紗の石、空しく想う搗衣の砧」(長思浣紗石、空憶搗衣砧)とある。ウィキソース「古詩紀 (四庫全書本)/卷128」参照。
  • 擣 … 『古今詩刪』では「搗」に作る。同義。
  • 払還来 … 払っても払っても、月影はまた差し込んで来る。
7
  • 聞・君・文(平声文韻)。
25 此時相望不相聞
とき あいのぞめどもあいきこえず
  • 此時 … 今この時。
  • 相望 … お互いに月を眺めて相手のことを思い慕っても。
  • 不相聞 … お互いに便りを交わすすべもない。『老子』八十章に「隣国りんごくあいのぞみ、鶏犬けいけんこえあいこゆるも、たみろういたるまで、あい往来おうらいせず」(鄰國相望、雞犬之聲相聞、民至老死、不相往來)とある。ウィキソース「老子河上公章句/德經」参照。
26 願逐月華流照君
ねがわくはげっいてながれてきみらさん
  • 願逐月華流照君 … できることなら月の光を追い、ともに流れていって、君を照らしたい。
  • 願 … 「ねがわくは~ん」と読み、「願うところは」「できることなら」「どうか~したい」と訳す。自らの願望の意を示す。魏の曹植の「雑詩六首 其の三」(『文選』巻二十九)に「願わくは南流のかげと為り、光をせて我が君をまみえん」(願爲南流景、馳光見我君)とある。ウィキソース「昭明文選/卷29」参照。また南朝梁の呉均の「りゅううんと相贈答する六首 其の三」(『玉台新詠』巻六)に「願わくは春風を逐うて去り、ひょうとうとして遼西に至らん」(願逐春風去、飄蕩至遼西)とある。ウィキソース「與柳惲相贈答」参照。
  • 月華 … 月。または月の光。梁の元帝の「烏棲曲四首」(『玉台新詠』巻九・宋版不収)の第一首に「共に江干こうかんに泛べて月華をん」(共泛江干瞻月華)とあり、第二首に「月華は碧に似て星ははいの如し」(月華似碧星如珮)とある。ウィキソース「烏棲曲 (蕭繹)」参照。また南朝梁の江淹「雑体詩」の「王徴君(やまいを養う)微」(『文選』巻三十一)に「清陰の往来すること遠く、月華はぜんに散ず」(清陰往來遠、月華散前墀)とある。前墀は、前の階段。ウィキソース「王徵君養疾」参照。また南朝梁の沈約「雑詠五首」の「其の三 月を詠む」(『玉台新詠』巻五、『文選』巻三十では「王中丞思遠が月を詠ずるに応ず」に作る)に「月華静夜に臨み、夜静かにして氛埃ふんあい滅す」(月華臨靜夜、夜靜滅氛埃)とある。ウィキソース「詠月 (沈約)」参照。
27 鴻雁長飛光不度
鴻雁こうがん ながんで ひかりわたらず
  • 鴻雁 … 雁のこと。鴻は、大きな雁。雁は、手紙を届ける鳥といわれた。『漢書』蘇武伝に「天子、上林中に射して雁を得たり、足に帛書はくしょくる有り、言う武等は某沢中に在りと」(天子射上林中得鴈、足有係帛書、言武等在某沢中)とあるのに基づく。帛書は、絹に書いた手紙。ウィキソース「漢書/卷054」参照。また『詩経』小雅・鴻鴈の詩に「鴻鴈ここに飛び、哀鳴嗷嗷ごうごうたり」(鴻鴈于飛、哀鳴嗷嗷)とある。ウィキソース「詩經/鴻鴈」参照。
  • 雁 … 『楽府詩集』『唐詩品彙』では「鴈」に作る。同義。
  • 長飛 … 列をなして遠くへ飛んでいく。
  • 光不度 … 月の光は雁と違って、あなたの所までは届かない。
28 魚龍潛躍水成文
ぎょりょう 潜躍せんやくして みず ぶん
  • 魚竜 … 魚と竜。広く水中に棲息する動物をいう。ここでは特に鯉魚が手紙を届けてくれるものとして歌われる。漢代の楽府「飲馬長城窟行」(『文選』巻二十七、『楽府詩集』巻三十八・相和歌辞・瑟調曲)に「児を呼びて鯉魚をるに、中にせきの書有り」(呼兒烹鯉魚、中有尺素書)とある。尺素書は、一尺ばかりの白絹に書いた手紙。ウィキソース「昭明文選/卷27」参照。
  • 潜躍 … 潜ったり跳ねたりすること。または水中深い所で跳ねること。三国魏の嵇康けいこうの「秀才の軍に入るに贈る五首 其の三」(『文選』巻二十四)に「魚竜はざんしゃくし、山鳥はぐんす」(魚龍瀺灂、山鳥群飛)とある。瀺灂は、出没して遊泳すること。ウィキソース「贈秀才入軍五首」参照。
  • 水成文 … 水面に波紋が広がるばかり(手紙を届けてくれない)。文は、ここでは波紋の意であるが、手紙の意にも掛けている。庾丹の「秋閨に望む有り」(『玉台新詠』巻五)に「月斜めにして影をさかしまにし、風至りて水ぶんを廻らす」(月斜樹倒影、風至水廻文)とある。ウィキソース「秋閨有望」参照。
8
  • 花・家・斜(平声麻韻)。
29 昨夜閒潭夢落花
さく 間潭かんたん らっゆめ
  • 昨夜 … 昨日の夜。
  • 間潭 … 静かなふちのほとり。
  • 閒 … 『全唐詩』『楽府詩集』『唐詩品彙』『唐詩別裁集』『古今詩刪』では「閑」に作る。同義。
  • 夢落花 … 花の散る夢を見た。梁の武帝の「夏歌四首 其の四」(『玉台新詠』巻十)に「含桃がんとう花落つる日、黄鳥飛ぶを営むの時」(含桃落花日、黃鳥營飛時)とある。含桃は、ゆすらうめ。桜桃。ウィキソース「夏歌 (蕭衍)」参照。
30 可憐春半不還家
あわれむし はるなかばにしていえかえらず
  • 可憐 … 何とも切ないことである。
  • 憐 … 『楽府詩集』では「非」に作る。
  • 春半 … もう春も半ばだというのに。
  • 不還家 … 私はまだ家に帰れない。
31 江水流春去欲盡
江水こうすい はるながしてってきんとほっ
  • 江水 … 川の水。長江の水。『山海経』中山経に「又東北三百里を、岷山みんざんと曰う。江水ここより出で、東北流して海にそそぐ」(又東北三百里、曰岷山。江水出焉、東北流注于海)とある。ウィキソース「山海經/中山經」参照。
  • 流春去欲尽 … 春を押し流し、流し尽くそうとしている。
32 江潭落月復西斜
江潭こうたん落月らくげつ 西にしななめなり
  • 江潭 … 川の深い淵。『楚辞』の「漁父」に「屈原くつげんすではなたれて、江潭こうたんあそび、行〻ゆくゆく沢畔たくはんぎんず」(屈原旣放、游於江潭、行吟澤畔)とある。ウィキソース「漁父」参照。
  • 落月 … 沈もうとする月。南朝梁の蕭綜「鍾鳴を聴く」(『古詩紀』巻一百十八)に「西樹落月を隠し、東窓暁星を見る」(西樹隱落月、東窻見曉星)とある。ウィキソース「古詩紀 (四庫全書本)/卷118」参照。
  • 復西斜 … また西へと傾く。
9
  • 霧・路・樹(去声遇韻)。
33 斜月沈沈藏海霧
斜月しゃげつ 沈沈ちんちんとしてかいかく
  • 斜月 … 西に傾いた月。入りかかった月。『初学記』に引く梁の蕭和「螢火の賦」に「斜月西に傾き、独り蓬楹ほうえいを照らす」(斜月西傾、獨照蓬楹)とある。ウィキソース「初學記/卷第三十」参照。
  • 沈沈 … 静かで奥深いさま。『楽府詩集』では「沉沉」に作る。『唐詩別裁集』では「沉沈」に作る。「沉」は「沈」の異体字。
  • 海霧 … 海上にたちこめる霧。
  • 蔵 … 隠れていく。姿を隠そうとする。
34 碣石瀟湘無限路
碣石けっせき 瀟湘しょうしょう げんみち
  • 碣石 … 山の名。今の河北省昌黎県の北にある。ここでは広く北の果てを指す。『読史方輿紀要』永平府、昌黎県の条に「碣石山は、県の西北二十里。山勢は穹窿きゅうりゅう、頂に巨石有り特出す、因って名づく」(碣石山、縣西北二十里。山勢穹窿、頂有巨石特出、因名)とある。穹窿は、弓形。ウィキソース「讀史方輿紀要/卷十七」参照。『中国歴史地図集 第五冊』(地図出版社、1982年、国学导航「河北道南部:碣石山」48~49頁③7)参照。また『書経』禹貢篇に「きょうゆう・碣石、河に入る」(夾右碣石、入于河)とある。河は、黄河。ウィキソース「尚書/禹貢」参照。
  • 瀟湘 … 瀟水と湘江(湘水)。洞庭湖に南から流れこむ二つの川の名。洞庭湖の南の流域一帯を指す。ここでは広く南の果てを指す。『水経注』湘水の条に「瀟とは、水清深せいしんなり。湘中記に曰く、湘川は清照なること五六丈、した、底の石を見ることちょの矢の如く、五色鮮明なり。白沙は霜雪の如く、赤岸は朝霞の若し。是れ瀟湘の名をるるなり」(瀟者、水清深也。湘中記曰、湘川清照五六丈、下見底石如樗蒲矢、五色鮮明。白沙如霜雪、赤岸若朝霞。是納瀟湘之名矣)とある。樗蒲は、ばくち。ウィキソース「水經注/38」参照。また魏の曹植の「雑詩六首 其の四」(『文選』巻二十九)に「朝に江北の岸に遊び、ゆうべに瀟湘のなぎさに宿す」(朝遊江北岸、夕宿瀟湘沚)とある。ウィキソース「曹子建集 (四部叢刊本)/卷第五」参照。また南朝斉の謝朓の「新亭しんていなぎさにてはんれいりょうわかるる」(『文選』巻二十)に「洞庭どうていがくるの瀟湘しょうしょうにはていあそぶ」(洞庭張樂地、瀟湘帝子遊)とある。帝子は、堯帝の二人の娘、娥皇と女英のこと。ウィキソース「新亭渚別范零陵詩」参照。
  • 無限路 … 果てのない旅路が続いている。
35 不知乘月幾人歸
らず つきじょうじて幾人いくにんかえ
  • 不知乗月幾人帰 … この月明かりに照らされてわが家へ帰りついた旅人は、いったい何人いることだろう。
  • 乗月 … 月明かりに照らされて。月の光りに照らされて。南朝宋の謝霊運の「彭蠡ほうれい湖口に入る」(『文選』巻二十六)に「月に乗じて哀狖あいゆうを聴き、露にうるおいて芳蓀かんばし」(乘月聽哀狖、浥露馥芳蓀)とある。哀狖は、鳴き叫ぶ猿。ウィキソース「昭明文選/卷26」参照。また古楽府の「子夜夏歌」(『楽府詩集』巻四十四・清商曲辞)に「月に乗じて芙蓉を採り、夜夜蓮子を得たり」(乘月採芙蓉、夜夜得蓮子)とある。蓮子は、はすの実。ウィキソース「樂府詩集/044卷」参照。
36 落月搖情滿江樹
落月らくげつ じょうゆるがして江樹こうじゅ
  • 落月 … 沈みゆく月。
  • 揺情 … 私の感情を揺り動かしながら。
  • 江樹 … 川辺の木々の辺り。隋の諸葛穎「春江花月の夜」(『古詩紀』巻一百三十五)に「月色江樹を含み、花影船楼を覆う」(月色含江樹、花影覆船樓)とある。ウィキソース「古詩紀 (四庫全書本)/卷135」参照。
  • 満 … 月の光が満ち溢れる。
テキスト
  • 『箋註唐詩選』巻二(『漢文大系 第二巻』冨山房、1910年)
  • 『全唐詩』巻一百十七(揚州詩局本縮印、上海古籍出版社、1985年)
  • 『楽府詩集』巻四十七・清商曲辞・呉声歌曲(北京図書館蔵宋刊本影印、中津濱渉『樂府詩集の研究』所収)
  • 『唐詩品彙』巻三十七(汪宗尼本影印、上海古籍出版社、1981年)
  • 『唐詩別裁集』巻五(乾隆二十八年教忠堂重訂本縮印、中華書局、1975年)
  • 『古今詩刪』巻十三(寛保三年刊、『和刻本漢詩集成 総集篇9』所収、19頁)
  • 『唐詩解』巻十一(清順治十六年刊、内閣文庫蔵)
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行