>   漢詩   >   唐詩選   >   巻二 七言古詩   >   洪州客舎寄柳博士芳(薛業)

洪州客舎寄柳博士芳(薛業)

洪州客舎寄柳博士芳
洪州こうしゅう客舎かくしゃにて柳博士芳りゅうはくしほうに寄す
薛業せつぎょう
  • 七言古詩。枝・知・離(平声支韻)。
  • 洪州 … 今の江西省南昌。
  • 客舎 … 旅館。
  • 柳博士芳 … 国子博士、すなわち国立大学の教授・柳芳のこと。
去年燕巣主人屋
去年きょねん つばめくう主人しゅじんおく
  • 主人 … 作者が寄寓する宿のあるじ。
今年花發路傍枝
今年こんねん はなひら路傍ろぼうえだ
年年爲客不到舍
年年ねんねん かくりていえいたらず
  • 到舍 … 『全唐詩』には「一作歸去」とある。
  • 舎 … 故郷の家。
舊國存亡那得知
旧国きゅうこく存亡そんぼう んぞるを
  • 旧国 … 郷里。
胡塵一起亂天下
胡塵こじんひとたびおこりててんみだせしより
  • 胡塵 … 夷狄の戦塵。ここでは安禄山の乱を指す。
  • 亂天下 … 『全唐詩』には「一作天下亂」とある。
何處春風無別離
いずれのところしゅんぷう 別離べつりからん
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行