>   漢詩   >   歴代詩選:中唐   >   送僧帰日本(銭起)

送僧帰日本(銭起)

送僧歸日本
そうほんかえるをおく
せん
  • 〔出典〕 『唐詩三百首』五言律詩、『全唐詩』巻二百三十九、『銭考功集』巻五、他
  • 五言律詩。行・輕・聲・明(平声明韻)。
  • ウィキソース「送僧歸日本」参照。
  • 送僧帰日本 … 唐に留学していた僧侶が日本に帰国するのを見送る。僧は誰であるか不詳。
  • 本 … 『全唐詩』には「一作東」とある。「日東」は、日本の別名。中国から見た場合の、日が昇る東方の国の意。
  • 銭起 … 710?(722?)~780?。中唐の詩人。呉興(浙江省)の人。あざなは仲文。天宝十載(751)、進士に及第。郎士元とともに「銭郎」と称された。ウィキペディア【銭起】参照。
上國隨緣住
じょうこく えんしたがいてじゅう
  • 上国 … 中国。夷狄に対して上位の存在という意。ここでは唐を指す。
  • 随縁 … 仏縁によって。
  • 住 … 居住する。留まり住む。『唐詩三百首注疏』には「住は住持なり」(住住持也)とあり、「住持(住職)となる」と解釈するが、ここでは採らない。『全唐詩』には「一作至、一作去」とある。
來途若夢行
らい こうごと
  • 来途 … 唐へ渡ってくる途中。
  • 来 … 『全唐詩』には「一作東」とある。
  • 夢行 … 夢の中の旅。
  • 若 … 「~のごとし」と読み、「~のようだ」と訳す。比較して判断する意を示す。
浮天滄海遠
てんかびて滄海そうかいとお
  • 浮天 … 船が空の果てに浮かんでいるように。
  • 天 … 『全唐詩』には「一作雲」とある。
  • 滄海 … 大海。大海原おおうなばら
去世法舟輕
りてほうしゅうかろ
  • 去世 … 俗世を離れる。「世」は中国を指す。
  • 法舟 … 僧の乗った船。「法」は仏法。
  • 舟 … 『全唐詩』には「一作船」とある。
水月通禪寂
水月すいげつ ぜんじゃくつう
  • 水月 … 水の色と月の光。
  • 禅寂 … 静かな禅の境地。禅の静寂な境地。
  • 寂 … 『全唐詩』では「観」に作る。
魚龍聽梵聲
ぎょりょう 梵声ぼんせい
  • 魚竜 … (海中の)魚と竜。
  • 梵声 … (あなたの)読経の声。
惟憐一燈影
あわれむ 一灯いっとうかげ
  • 惟憐 … ああ、うれしいことは。とりわけ、うれしいことは。ああ、なんとよいことに。
  • 一灯 … 衆生を導く仏法のともしび。仏法の教え。ここでは、船の灯火にも懸けている。いくつかの注釈書で「禅灯」とするのは誤り。「禅灯」とは、禅の伝灯系譜。いわゆる禅の高僧の系譜のこと。
  • 一 … 『全唐詩』には「一作慧」とある。
  • 燈 … 『全唐詩』には「一作塔」とある。
  • 影 … 光。明かり。
萬里眼中明
ばん がんちゅうあきらかなるを
  • 万里 … 万里の彼方まで。
  • 眼中 … (あなたの)心眼の中で。
  • 明 … 明るく照らし続けるであろう。輝き続けるであろう。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行