>   漢詩   >   歴代詩選:前漢   >   怨歌行(班婕妤)

怨歌行(班婕妤)

怨歌行
えんこう
はんしょう
  • 〔出典〕 『楽府詩集』巻四十二、『先秦漢魏晋南北朝詩』漢詩巻一、『古詩源』巻二 漢詩、『古詩賞析』巻三 漢詩、『文選』巻二十七、『玉台新詠』巻一、他
  • 五言古詩。雪(入声屑韻)、月・發(入声月韻)、熱・絶(入声屑韻)。
  • ウィキソース「怨詩 (班婕妤)」「樂府詩集/042卷」「古詩源/卷二」参照。
  • 怨歌行 … 楽府題。「行」は歌の意。『玉台新詠』では「怨詩」に作る。
  • この詩は、帝の寵愛を失う恐れを団扇うちわに喩えて詠んだもの。
  • 班婕妤 … 前48?~前6?。前漢の女官、女流詩人。しょうは官名(後宮における側室の称号)。はんきょうの娘。名は未詳。成帝せいてい(在位前33~前7)の寵愛を受けて女官となったが、のちに帝がちょうえん姉妹を寵愛するようになったため、退いて皇太后に仕えた。ウィキペディア【班ショウヨ】参照。
新裂齊紈素
あらたにせいがんけば
  • 新裂 … 新しく織機から布を裁ち切ること。『古詩賞析』では「新製」に作る。
  • 斉 … せい国産の。
  • 紈素 … 白い練り絹。
鮮潔如霜雪
鮮潔せんけつにして霜雪そうせつごと
  • 鮮潔 … 新しく清らかな様子。『古詩源』『古詩賞析』『文選』では「皎潔」に作る。こちらは、白く清らかな様子。
  • 霜雪 … 霜か雪か。
裁爲合歡扇
ちて合歓ごうかんせんせば
  • 裁 … 型紙に合わせて裁断する。
  • 合歓扇 … 表と裏の両面に張り合わせた団扇うちわ。「合歓」は男女の和合の象徴。
  • 為 … 『古詩源』『古詩賞析』では「成」に作る。
團團似明月
団団だんだんとして明月めいげつたり
  • 団団 … まるいさま。
出入君懷袖
きみかいしゅう出入しゅつにゅう
  • 懐袖 … ふところそで
動搖微風發
動揺どうようしてふうはっ
  • 動揺 … ここでは団扇うちわあおぐこと。
常恐秋節至
つねおそる しゅうせついた
  • 常恐 … 常に気にかかるのは。いつも心配なのは。
  • 秋節 … 秋の季節。
涼風奪炎熱
りょうふう炎熱えんねつうば
  • 風 … 『先秦漢魏晋南北朝詩』『古詩賞析』等では「飈」に作る。「飈」は「飆」の異体字。つむじ風、または風の意。
棄捐篋笥中
きょううちえんせられ
  • 篋笥 … 書物や衣服などを入れる箱。
  • 棄捐 … 捨ててしまうこと。ここでは箱の中にしまい込むこと。
恩情中道絕
おんじょう ちゅうどうえんことを
  • 恩情 … ここでは帝の情け。
  • 中道 … 中途。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行