>   漢詩   >   歴代詩選:南宋   >   小園四首 其三(陸游)

小園四首 其三(陸游)

小園四首 其三
しょうえんしゅ さん
りくゆう     
  • 〔出典〕 『剣南詩稿』巻十三(『四庫全書』所収)、他
  • 七言絶句。聲・平・耕(平声庚韻)。
  • 淳熙八(1181)年、故郷での作。五十七歳。
  • 小園 … 陸游所有の小さな菜園。
  • 陸游 … 1125~1210。南宋の詩人。越州山陰(浙江省紹興市)の人。あざなは務観。号は放翁。二十九歳のとき進士の試験に一位で及第したが、宰相秦檜しんかいに妨害されて殿試で落第させられた。秦檜の死後、三十四歳で初めて官界に入り、福州寧徳(現在の福建省寧徳市)の主簿に就き、さらに都の微官や地方官を歴任した。激情の憂国・愛国詩人でもあり、また自然を愛する田園詩人でもあった。著に『剣南詩稿』八十五巻、『なん文集』五十巻、『入蜀記』などがある。ウィキペディア【陸游】参照。
村南村北鵓鴣聲
村南そんなん村北そんほく ぼっこえ
  • 村南村北 … 村の北からも南からも。村の北でも南でも。
  • 鵓鴣 … 鳥の名。ハトの一種。羽は黒褐色。
水刺新秧漫漫平
みず 新秧しんおうして 漫漫まんまんとしてたいらかなり
  • 水 … 田の水。
  • 新秧 … 田に移し替えられたばかりの新しい苗。「秧」は稲の苗。
  • 刺 … 水面から突き出ている様子。
  • 漫漫 … 水面が果てしなく広がるさま。
  • 平 … 平らに。
行遍天涯千萬里
くこと天涯てんがいあまねく せんまん
  • 天涯 … 空の果て。
  • 行遍天涯千万里 … 私は空の果てのように遠い地方まで、千万里も旅してまわったことがあるが。
却從鄰父學春耕
かえってりんしたがって しゅんこうまな
  • 却 … にもかかわらず今度は。
  • 隣父 … となりのおやじさん。となりの百姓おやじ。「父」は父老の意で、年長者をいう。
  • 従 … ~について。
  • 春耕 … 春の野良仕事。春の百姓仕事。
  • 学 … 勉強している。習っている。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行