>   漢詩   >   歴代詩選:北宋   >   清夜吟(邵雍)

清夜吟(邵雍)

清夜吟せいぎん
しょうよう     
  • 〔出典〕 『せんげきじょうしゅう』巻十二、他
  • 五言絶句。時・知(平声支韻)。
  • ウィキソース「伊川擊壤集卷之十二」参照。
  • 清夜吟 … よく晴れて静かな夜の情景をよすがとして、光風こうふう霽月せいげつ(心にわだかまりがなく、清々すがすがしいこと)の心境を歌ったもの。「吟」は「うた」という意。
  • 邵雍 … 1011~1077。北宋の学者。范陽はんよう(河北省涿州市)の人。あざなぎょうおくりなは康節。父の代に共城きょうじょう(河南省輝県市)に移り、のち洛陽に長く住んだ。招かれても官途につくことはなかった。易学に精通し、その学派を百源学派と呼んだ。著書に『皇極経世書』、詩集『伊川撃壌集』などがある。ウィキペディア【邵雍】参照。
月到天心處
つき 天心てんしんいたところ
  • 天心 … 天空の中心。天空の真ん中。
  • 処 … ここでは「所」の意ではなく、「頃」「時」の意。
風來水面時
かぜ 水面すいめんきたとき
  • 風 … 清らかな一陣の風。一陣の涼風。
一般清意味
一般いっぱんせいあじわい
  • 一般 … このような。一種の。
  • 清意味 … 清らかな心の味わい。
料得少人知
はかたり ひとることまれなるを
  • 料得 … 推量することができる。
  • 少 … 稀である。「すくなきを」と読んでもよい。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行