>   漢詩   >   歴代詩選:北宋   >   客中初夏(司馬光)

客中初夏(司馬光)

客中初夏
かくちゅうしょ
司馬しばこう
  • 〔出典〕 『千家詩』巻三、『詩林広記』後集巻十、他
  • 七言絶句。晴・明・傾(平声庚韻)。
  • ウィキソース「客中初夏」参照。
  • 客中初夏 … 「客中」は旅先にて。旅のさなか。「初夏」は陰暦の初夏。『詩林広記』では詩題を「居洛初夏作」に作る。
  • 司馬光 … 1019~1086。北宋の政治家・学者。せんしゅうけん(山西省夏県)の人。あざなは君実。おくりなは文正。宝元元(1038)年、進士に及第。神宗のとき、王安石の新法に反対して官界を去り、その間に史書『資治しじがん』を完成させた。のち、哲宗のとき復帰し新法を廃したが、宰相就任から八ヵ月で没した。死後、太師温国公の称号を贈られたので「司馬温公」とも呼ばれた。ウィキペディア【司馬光】参照。
四月清和雨乍晴
がつ せい あめたちま
  • 四月 … 陰暦の四月。陰暦の初夏の月。
  • 清和 … 爽やかで清々すがすがしい気候。また、陰暦の四月一日をもいう。
  • 乍 … 「たちまち」と読み、「急に」「さっと」と訳す。
南山當戸轉分明
南山なんざん たって うた分明ぶんめい
  • 南山 … 南の方に見える山。
  • 当戸 … 戸口の真正面に。「当」は向かい合うこと。
  • 転 … いよいよ。
  • 分明 … はっきりと見えている。
更無柳絮因風起
さらりゅうじょかぜってこる
  • 更無 … まるで~でない。少しも~ない。まったく~ない。
  • 柳絮 … 柳の白い綿毛のついた種子。晩春から初夏の頃、綿のように乱れ飛ぶ。
  • 因風起 … 風に吹かれて乱れ飛ぶ。東晋のしゃ道韞どううんが雪の舞う様子を詠じた「未だ柳絮の風に因って起こるにかず」(未若柳絮因風起)の語(『世説新語』言語篇)に基づく。
  • 因 … 「隋」に作るテキストもある。
惟有葵花向日傾
葵花きかかってかたむ
  • 惟 … 「ただ」と読み、「ただ~だけだ」「ただ~にすぎない」と訳す。限定の意を示す。文末の助詞「のみ」は省略される。「唯」と同じ。
  • 葵花 … ひまわりの花。
  • 向日傾 … 太陽の方を向いて傾いているだけである。天子に対し忠誠を尽くすという寓意も含んでいるらしい。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行