>   漢詩   >   歴代詩選:北宋   >   鍾山即事(王安石)

鍾山即事(王安石)

鍾山即事しょうざんそく
おう安石あんせき     
  • 〔出典〕 『臨川先生文集』巻三十、『宋詩鈔』巻十九、他
  • 七言絶句。流・柔・幽(平声尤韻)。
  • ウィキソース「鍾山即事」参照。
  • 鍾山 … 今の江蘇省南京市の郊外にある山の名。しょうざんきんざんともいう。ウィキペディア【紫金山】参照。
  • 即事 … 目の前の情景や事柄に即して、見たままに詠じたもの。
  • 王安石 … 1021~1086。北宋の政治家。臨川(江西省)の人。あざなかい、号は半山。慶暦二(1042)年、進士に及第。新法を実行し政治改革を推進したが、のち保守派の反対によって辞職した。唐宋八大家の一人。詩文集『臨川先生文集』百巻がある。ウィキペディア【王安石】参照。
澗水無聲繞竹流
澗水かんすい こえく たけめぐってなが
  • 澗水 … 谷川の水。
  • 繞 … 巡る。まわりを回る。「遶」に作るテキストもある。同義。
竹西花草弄春柔
竹西ちくせいそう 春柔しゅんじゅうろう
  • 竹西 … 竹林の西側あたり。
  • 花草 … 花の咲く草。草花。
  • 春柔 … 春の柔らかな気配。
  • 弄 … ここでは、表す。「露」に作るテキストもある。
茅簷相對坐終日
茅簷ぼうえん あいたいして することしゅうじつ
  • 茅簷 … かやぶきののき。「簷」は、のき。
  • 相対 … 鍾山と向かい合って。
  • 坐終日 … 一日中坐っていると。
一鳥不啼山更幽
いっちょうかず やまさらゆうなり
  • 一鳥 … 鳥一羽。
  • 不啼 … 鳴き声一つなく。
  • 更幽 … いっそう奥深く静かである。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行