>   漢詩   >   詩人別 :ら行   >   山園小梅二首 其一(林逋)

山園小梅二首 其一(林逋)

山園小梅二首 其一
山園さんえんしょうばい しゅ いち
りん     
  • 〔出典〕 『林和靖先生詩集』巻二(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 七言律詩。妍(平声先韻)、園・昏・魂・尊(平声元韻)通押。
  • ウィキソース「山園小梅 (林逋)」参照。
  • 山園 … 山中の庭園。ここでは林逋が隠棲したざんのふもとの庭を指す。
  • 小梅 …小さな梅。
  • 林逋 … 967~1028。北宋の詩人。こうしゅう銭塘せんとう(浙江省杭州市)の人。あざな君復くんぷくおくりなせい。杭州西せいざんに住み、仕官もせず、独身を通して梅の花と鶴を愛し、隠遁生活で生涯を終えた。『林和靖先生詩集』四巻がある。ウィキペディア【林逋】参照。
衆芳搖落獨暄妍
しゅうほう 揺落ようらくして ひと暄妍けんけん
  • 衆芳 … たくさんの香りのよい花。
  • 揺落 … 散り落ちる。
  • 独 … ただ一つ。ただ梅の花だけが。
  • 暄妍 … 日差しが暖かで美しい。「暄」は暖かい。「妍」は美しい。ここでは、梅の花があでやかで美しく咲いていること。
占盡風情向小園
ふうじょうくして しょうえんむか
  • 風情 … 物事のおもむき。情趣。ぜい
  • 占尽 … 独占する。独り占めにする。
  • 小園 … 小さな庭。
  • 向 … 「むかう」と読むが、「於」「在」と同じ。「(その場所)で」「(その場所)において」の意。
疎影橫斜水清淺
えい 横斜おうしゃして みず 清浅せいせん
  • 疎影 … (水面に映った)梅の枝のまばらな影。
  • 横斜 … 横に、斜めに影を落とす。
  • 清浅 … 清く浅い小川のほとり。
暗香浮動月黃昏
暗香あんこう どうして つき 黄昏こうこん
  • 暗香 … どこからともなく漂ってくる花の香り。「暗」は、目に見えないの意。
  • 浮動 … ふわふわと漂い動くこと。
  • 月黄昏 … 月の光がおぼろげで、ほの暗い様子。「黄昏」は通常「夕暮れ時」の意であるが、ここでは月を形容する言葉として解釈した。
霜禽欲下先偸眼
霜禽そうきん くだらんとほっして ぬす
  • 霜禽 … 霜を帯びた鳥。または白い鳥。
  • 欲下 … 梅の枝に舞い降りようとして。
  • 偸眼 … 盗み見る。人に気づかれないように、こっそりと見る。
粉蝶如知合斷魂
ふんちょう らば まさこんつべし
  • 粉蝶 … 白い蝶。「粉」は、おしろい。
  • 如知 … もし(この花を)知ったならば。
  • 合 … 「まさに~べし」と読み、「~のはずである」「~に違いない」と訳す。推量の意を示す。再読文字。「当」「応」などと同じ。
  • 断魂 … 魂が消えてしまうような思い。たいへん驚くこと。
幸有微吟可相狎
さいわいにぎんあいるべき
  • 幸 … 幸いなことに。
  • 微吟 … 小声で詩を口ずさむこと。
  • 相狎 … (私の声と梅の花とが)打ち解け合う。親しむ。似合う。
不須檀板共金尊
もちいず 檀板だんばん金尊きんそんとを
  • 不須 … 必要がない。無用だ。
  • 檀板 … まゆみの木で作った拍子木。
  • 金尊 … 酒樽の美称。金樽。
  • 共金尊 … 「金尊と」と読む。「与」と同じ。
歴代名詩選
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行