>   漢詩   >   歴代詩選:北宋   >   豊楽亭遊春三首 其三(欧陽修)

豊楽亭遊春三首 其三(欧陽修)

豐樂亭遊春三首 其三
豊楽亭ほうらくていゆうしゅんさんしゅ さん
歐陽おうようしゅう
  • 〔出典〕 『欧陽文忠公集』巻十一(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 七言絶句。斜・涯・花(平声麻韻)。
  • ウィキソース「豐樂亭遊春」参照。
  • 豊楽亭 … 欧陽修がじょしゅう(現在のあんしょう滁州市)の西南、ろうさんの幽谷泉のほとりに建てたあずまや。
  • 遊春 … 春の行楽。春景色の野山を散策すること。
  • 欧陽修 … 1007~1072。北宋の政治家、文学者、学者。吉州廬陵(江西省吉安市)の人。あざなは永叔、号は酔翁・六一居士。おくりなは文忠。欧陽脩とも書く。唐宋八大家の一人。天聖八(1030)年、進士に及第。官職を歴任したが、王安石の新法に反対し引退した。『新唐書』『新五代史』を編纂した。また、詩文集として『欧陽文忠公集』がある。ウィキペディア【欧陽脩】参照。
紅樹靑山日欲斜
紅樹こうじゅ 青山せいざん  ななめならんとほっ
  • 紅樹 … 赤い花の咲いている樹木。桃やスモモの木など。
  • 青山 … 青々と草木の茂っている山。青々と芽吹く山。
  • 日欲斜 … 日が傾きかけている。
長郊草色綠無涯
ちょうこうそうしょく みどり はて
  • 長郊 … 広々と広がる野原。
  • 草色 … 草の色。
  • 緑 … 緑一色。
  • 無涯 … 果てしなく。
遊人不管春將老
遊人ゆうじんかんせず はるまさいんとするを
  • 遊人 … ここでは、春の行楽に出かけた人々。
  • 不管 … 気にかけない。
  • 春将老 … 春がもうすぐ過ぎ去ろうとしていること。
  • 将 … 「まさに~んとす」と読み、「今にも~しようとする」と訳す。再読文字。
  • 老 … 『欧陽文忠公集』(『四部叢刊 初編集部』所収)には「一作盡」とある。
來往亭前踏落花
亭前ていぜん来往らいおうしてらっ
  • 亭前 … 豊楽亭の前。
  • 来往 … 行ったり来たりすること。『欧陽文忠公集』(『四部叢刊 初編集部』所収)には「一作空遶(空しくめぐる)」とある。
  • 落花 … 散った花びら。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行