>   論語   >   子張第十九   >   21

子張第十九 21 子貢曰君子之過也章

492(19-21)
子貢曰、君子之過也、如日月之食焉。過也人皆見之。更也人皆仰之。
こういわく、くんあやまちや、日月じつげつしょくのごとし。あやまつやひとみなこれる。あらたむるやひとみなこれあおぐ。
現代語訳
  • 子貢 ――「りっぱな人のあやまちは、日食や月食のようなものだ。あやまちをすると、みんなに見られる。あらためると、みんなが見なおす。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子貢がいった。――
    「君子の過ちは日蝕や月蝕のようなものである。過ちがあると、すべての人がそのかげりを見るし、過ちを改めると、すべての人がその光を仰ぐのだから」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子貢 … 前520~前446。姓は端木たんぼく、名は。子貢はあざな。衛の人。孔子より三十一歳年少の門人。孔門十哲のひとり。弁舌・外交に優れていた。ウィキペディア【子貢】参照。
  • 君子之過也 … 君子の過ちというものは。「~之…也」の形は「~の…や」と読み、「~の…は」「~が…するのは」「~が…するときは」と訳す。
  • 君子 … 道徳的に立派な人。
  • 如日月之食 … 日食や月食のようなものだ。隠し立てをしない。
  • 更 … 改める。
  • 仰 … 仰ぎ見る。尊敬する。
補説
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十