>   論語   >   子張第十九   >   22

子張第十九 22 衞公孫朝問於子貢章

493(19-22)
衞公孫朝。問於子貢曰。仲尼焉學。子貢曰。文武之道。未墜於地。在人。賢者識其大者。不賢者識其小者。莫不有文武之道焉。夫子焉不學。而亦何常師之有。
えい公孫こうそんちょうこういていわく、ちゅういずくにかまなべる。こういわく、ぶんみちいまちずしてひとり。賢者けんじゃだいなるものり、賢者けんじゃしょうなるものる。ぶんみちらざることし。ふういずくにかまなばざらん。しこうしてなんじょうらん。
現代語訳
  • 衛の国の(家老)公孫朝が、子貢にたずねる、「孔さんはどこで学問をしたのか。」子貢 ――「文王・武王の教えは、まだほろびないで、世にあります。すぐれた人は大きな教えをおぼえ、なみの人でもちいさな教えをおぼえ、文・武の教えを持ちつづけないものはありません。孔先生はどこででも学べたでしょう。といってきまった先生はないわけです。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • えい公孫こうそんちょうこうにたずねていった。――
    ちゅうは誰について道を学ばれたのか」
    子貢がこたえた。――
    「文王・武王の道は地におちてほろびたわけではありません。それはまだ人々の間に生かされています。賢者はその大道を心得ていますし、不賢者もその小道ぐらいは心得ていますので、万人に道が残っているともいえるのです。このようなわけでございますから、私どもの先生にとっては、すべての人が師でありまして、これといってきまった師があるわけではありません」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 公孫朝 … 衛の大夫。人物については不明。
  • 仲尼 … 孔子のあざな
  • 子貢 … 前520~前446。姓は端木たんぼく、名は。子貢はあざな。衛の人。孔子より三十一歳年少の門人。孔門十哲のひとり。弁舌・外交に優れていた。ウィキペディア【子貢】参照。
  • 文武之道 … 周の文王・武王の道(執り行った政治)。
  • 墜於地 … 完全に滅びる。地上から消滅する。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十