>   論語   >   子張第十九   >   19

子張第十九 19 孟氏使陽膚爲士師章

490(19-19)
孟氏使陽膚爲士師。問於曾子。曾子曰、上失其道、民散久矣。如得其情、則哀矜而勿喜。
もうようをして士師ししらしむ。そうう。そういわく、かみみちうしない、たみさんずることひさし。じょうば、すなわあいきょうしてよろこぶことなかれ。
現代語訳
  • (家老の)孟孫さんが陽膚を司法官にした。かれは曽先生に教えをこう。曽先生 ――「おかみのやりかたがわるく、人民が離れてから久しい。犯罪をつきとめたら、同情はしても手がらにするな。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • もうようを司法官に任用した。ようは曾先生に司法官としての心得をたずねた。曾先生はいわれた。――
    「政道がみだれ、民心が離散してすでに久しいものだ。だから人民の罪状をつかんでも、なるだけあわれみをかけてやるがいい。罪状をつかんだのを手柄に思って喜ぶようなことがあってはならないのだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 孟氏 … 魯の大夫、孟孫氏であるが、誰のことかはわからない。ウィキペディア【三桓氏】参照。
  • 陽膚 … 曾子の弟子。人物については不明。
  • 士師 … 司法官。
  • 曾子 … 姓はそう、名はしんあざな子輿しよ。魯の人。孔子より四十六歳年少の門人。『孝経』を著した。ウィキペディア【曾子】参照。
  • 哀矜 … 同情する。びんに思う。
補説
  • 曾子 … 『孔子家語』七十二弟子解に「曾参は南武城の人、あざなは子輿。孔子よりわかきこと四十六歳。志孝道に存す。故に孔子之に因りて以て孝経を作る」(曾參南武城人、字子輿。少孔子四十六歳。志存孝道。故孔子因之以作孝經)とある。ウィキソース「孔子家語/卷九」参照。また『史記』仲尼弟子列伝に「曾参は南武城の人。字は子輿。孔子より少きこと四十六歳。孔子以為おもえらく能く孝道に通ずと。故に之に業を授け、孝経を作る。魯に死せり」(曾參南武城人。字子輿。少孔子四十六歳。孔子以爲能通孝道。故授之業、作孝經。死於魯)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十