>   論語   >   顔淵第十二   >   13

顔淵第十二 13 子曰聽訟章

291(12-13)
子曰。聽訟。吾猶人也。必也使無訟乎。
わく、うったえをくは、われひとのごとし。かならずやうったからしめんか。
現代語訳
  • 先生 ――「さばきごとは、わしもただ人なみじゃ。なんとかさばきごとをなくしたいな。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「訴訟ごとの審理判決をやらされると、私もべつに人と変ったところはない。もし私に変ったところがあるとすれば、それは、訴訟ごとのない世の中にしたいと願っていることだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 聴訟 … 両者の訴えを聞いて、正しい判決を与えること。
  • 吾猶人也 … わたしも他の人と同じだ。人並みの能力しかない。
  • 猶 … 「なお~のごとし」と読み、「ちょうど~のようだ」と訳す。再読文字。
  • 必也使無訟乎 … どうかして、この世の中から訴訟ごとそのものを無くしたいということである。
  • 必也 … ぜひとも。どうかして。
余説
  • 吾猶人也 … 『集解』には「人と等し」(與人等)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十