>   論語   >   衛霊公第十五   >   27

衛霊公第十五 27 子曰衆惡之章

406(15-27)
子曰。衆惡之。必察焉。衆好之。必察焉。
いわく、しゅうこれにくむもかならさっす。しゅうこれこのむもかならさっす。
現代語訳
  • 先生 ――「みんながわるいといっても、とにかくしらべてみる。みんながよいといっても、とにかくしらべてみる。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「多数の人が悪いといっても、必ず自分でその真相をしらべてみるがいい。多数の人がいいといっても、必ず自分でその真相をしらべてみるがいい」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 衆 … 多数の人。
  • 悪 … 悪く言う。
  • 察 … 自分で調べ直す。
  • 焉 … 断定の気持ちを示す助詞。訓読しない。
  • 好 … 「よみするも」とも読む。ほめる。よいと言う。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十