>   論語   >   衛霊公第十五   >   24

衛霊公第十五 24 子曰吾之於人也章

403(15-24)
子曰。吾之於人也。誰毀誰譽。如有所譽者。其有所試矣。斯民也。三代之所以直道而行也。
いわく、われひとけるや、たれをかそしたれをかめん。むるところものは、こころむるところるなり。たみや、三代さんだいちょくどうにしておこな所以ゆえんなり。
現代語訳
  • 先生 ――「わしは人さまにたいして、だれをけなしだれをほめるものか。もしほめることがあれば、それはためしにすることだ。いまの人たちは、(夏・殷・周の)昔もまっすぐにみちびかれた人たちだもの。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「私は、成心をもって人に対しない。だから誰をほめ、誰をそしるということはない。もし私が人をほめることがあったら、それは、その人の実際を見た上でのことだ。現代の民衆にしても、過去三代の純良な民衆と同じく、その本性においては、まっすぐな道を歩むものなのだから、ほめるにしても、そしるにしても、実際を見ないでめったなことがいえるものではない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 所試 … 「こころみしところ」と読んでもよい。試して確かめる。
  • 三代 … 夏・殷・周の三代の時代。
  • 直道 … まっすぐな道。正しい政道。
補説
  • 吾之於人也 … 『義疏』に「也」の字なし。
  • 如有所誉者 … 『義疏』では「如有可誉者」に作る。
  • 所以直道而行也 … 宮崎市定は「なおきを以てみちびいてかしめし所なり」と読んでいる。詳しくは『論語の新研究』133頁以下参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十