>   論語   >   衛霊公第十五   >   12

衛霊公第十五 12 子曰已矣乎章

391(15-12)
子曰、已矣乎、吾未見好德如好色者也。
いわく、んぬるかな、われいまとくこのむこといろこのむがごときものざるなり。
現代語訳
  • 先生 ――「なさけないな。わしはまだ道徳が女ほどすきな人には会わぬわい。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「なさけないことだ。私はまだ色事を好むほど徳を好むものを見たことがない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 已矣乎 … もうだめだ。もうこれまでだ。今となっては、どうにも仕方がない。絶望をあらわす言葉。「已矣」「已矣哉」「已矣夫」もすべて「やんぬるかな」と読む。この言葉は『論語』の中でもう一か所「公冶長第五26」にも見える。
  • 徳 … 道徳。
  • 色 … 美人。女性。女色。
補説
  • 子罕第九17」とほぼ同様。
  • 已矣乎 … 『集注』に「已んぬるかなは、其の終に得て見ざるを歎くなり」(已矣乎、歎其終不得而見也)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十