>   論語   >   衛霊公第十五   >   11

衛霊公第十五 11 子曰人無遠慮章

390(15-11)
子曰。人無遠慮。必有近憂。
いわく、ひととおおもんぱかければ、かならちかうれり。
現代語訳
  • 先生 ――「人はさきざきを考えないと、きっといまになやむぞ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「人に遠い将来までの見通しがないと、たちまち足元からのわざわいが起るぞ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「遠い将来のことを考えない人には、必ず間近かに心配ごとが待っている」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 遠慮 … はるか遠い将来のことまで考えること。日本語で一般的な「他人に対し、ひかえめにする」というような意味ではない。
  • 人無遠慮 … 「ひと遠慮えんりょければ」と訓読してもよい。
  • 近憂 … 「きんゆう」と訓読してもよい。身近に起きてくる心配ごと。
補説
  • 人無遠慮 … 『義疏』では「人而無遠慮」に作る。
  • 『集解』に引く王粛の注に「君子は当にわずらいを思いてあらかじめ之を防ぐべし」(君子當思患而預防之)とある。
  • 『集注』に引く蘇軾の注に「人のむ所は、足を容るるの外は、皆無用の地たるも、廃すべからざるなり。故に慮り千里の外に在らざれば、則ちわずらせきの下に在り」(人之所履者、容足之外、皆為無用之地、而不可廢也。故慮不在千里之外、則患在几席之下矣)とある。
  • 伊藤仁斎は「おもんぱかり久遠の外に及ばざれば、則ちうれい必ず至近の地に起る。家国天下皆然らざること莫し。此の言甚だ近し。然れども之に従えば則ち吉、之に違えば必ず凶、神明の如かざる所、さいの及ばざる所なり。其れきん佩服はいふくせざるべけんや」(慮不及久遠之外、則憂必起於至近之地。家國天下莫不皆然。此言甚近。然從之則吉、違之必凶、神明所不如、蓍蔡所不及。其可不謹畏佩服也哉)と言う。「さい」は占い。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「大いなるかな此の言は。以て聖人の道を尽くすべきのみ。聖人はだいに思い深し。故に其の道深遠なり。当世の人、豈に孔子を尊ばざらんや。其の孔子を用うること能わざる所以の者は、皆以てと為すのみ。後世の諸儒、豈に聡明にとぼしからんや。其の聖人の道を知ること能わざる所以の者は、皆近きを見るがためのみ」(大矣哉此言。可以盡聖人之道已。聖人智大思深。故其道深遠焉。當世之人。豈不尊孔子哉。其所以不能用孔子者。皆以爲迂耳。後世諸儒。豈乏聰明哉。其所以不能知聖人之道者。皆爲見近耳)と言う。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十