>   論語   >   衛霊公第十五   >   4

衛霊公第十五 4 子曰無爲而治者章

383(15-04)
子曰、無爲而治者、其舜也與。夫何爲哉。恭己正南面而已矣。
いわく、無為むいにしておさむるものは、しゅんか。なにをかすや。おのれうやうやしくし、ただしく南面なんめんするのみ。
現代語訳
  • 先生 ――「じっとしていて世がおさまったのは、まあ舜(シュン)さまぐらいだな。いったいなにをなさったか…。身をととのえて、王さまの席につくだけだった。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「無為にして天下を治めることができたのは、舜であろう。舜は何をしたか。ただうやうやしい態度で、正しく南面していただけである」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 無為 … 何もしないで。
  • 治者 … 天下をうまく治めた人。
  • 其舜也与 … まあ舜帝だろうね。「其」は強調の語。「与」は「か」と読む。
  • 舜 … 古代の伝説上の聖天子。姓はよう。虞に国を建てたので虞舜、または有虞氏と呼ばれる。堯から譲位を受け皇帝となった。ウィキペディア【】参照。
  • 夫 … 「それ」と読む。いったい。
  • 何為哉 … 何をしたであろうか。
  • 恭己 … 自分の身を慎み深くする。
  • 正 … きちんと。
  • 南面 … 天子が南に面して座につくこと。すなわち、君主の位につくこと。
  • 而已矣 … 「のみ」と読む。~だけだ。~にすぎない。
補説
  • 其舜也与 … 「其舜与」に作るテキストもある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十