>   論語   >   泰伯第八   >   20

泰伯第八 20 舜有臣五人章

204(08-20)
舜有臣五人。而天下治。武王曰。予有亂臣十人。孔子曰。才難。不其然乎。唐虞之際。於斯爲盛。有婦人焉。九人而已。三分天下有其二。以服事殷。周之徳。可謂至徳也已矣。
しゅんしんにんり、てんおさまる。おうわく、われ乱臣らんしん十人じゅうにんり。こうわく、さいかたしと。しからずや。とうさいここおいさかんなりとす。じんり、にんのみ。てん三分さんぶんしてたもち、もっいんふくす。しゅうとくは、とくうべきのみ。
現代語訳
  • 舜帝には部下が五人いて、世のなかがおさまった。(周の)武王は、「うできき十人をかかえた。」といった。孔先生 ――「『人物難』とは、まったくだな。堯・舜のころよりも、周のほうが多い。だが女がいたから、じつは九人だ。それで天下を三つにした二つをもち、しかも殷につかえていた。周のゆかしさは、この上もないものといえるだろう。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 舜帝には五人の重臣があって天下が治まった。周の武王は、自分には乱を治める重臣が十人あるといった。それに関連して先師がいわれた。――
    「人材は得がたいという言葉があるが、それは真実だ。とうの時代をのぞいて、それ以後では、周が最も人材に富んだ時代であるが、それでも十人に過ぎず、しかもその十人のうち一人は婦人で、男子の賢臣はわずかに九人にすぎなかった」
    またいわれた。――
    「しかし、わずかの人材でも、その有る無しでは大変なちがいである。周の文王は天下を三分してその二を支配下におさめていられたが、それでもいんに臣事して秩序をやぶられなかった。文王時代の周の徳は至徳というべきであろう」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 舜 … 古代の伝説上の聖天子。堯から譲位を受け皇帝となった。ウィキペディア【舜】参照。
  • 臣五人 … 賢臣が五人。『集注』には「五人は、しょくせつ皐陶こうよう伯益はくえき」(五人、禹、稷、契、皋陶、伯益)とある。
  • 武王 … 周王朝の創始者。文王の子。姓は姫、名は発。殷のちゅう王を滅ぼして周の国を建てた。ウィキペディア【武王 (周)】参照。
  • 乱臣 … 天下をよく治める賢臣。「乱」は治める。『集解』に引く馬融の注には「乱は、治なり」(亂、治也)とある。これはいわゆる「反訓はんくん」(一つの字の中に正反対の意味を含むこと)である。『経典釈文』では「乱十人」に作り、「本或いは乱臣十人に作る、非なり」(本或作亂臣十人非)とある。
  • 十人 … 『集注』には「十人は、周公旦、召公せき、太公望、畢公、栄公、太顚、閎夭こうよう、散宜生、南宮かつを謂い、其の一人を文母と謂う。劉侍読以為おもえらく、子に母を臣とするの義無し。蓋しゆうきょうならん。九人は外を治め、邑姜は内を治む」(十人、謂周公旦、召公奭、太公望、畢公、榮公、太顚、閎夭、散宜生、南宮适、其一人謂文母。劉侍讀以為子無臣母之義。蓋邑姜也。九人治外、邑姜治内)とある。
  • 才難 … 人材は得難い。古語。『集注』には「才難しは、蓋し古語にして、孔子之を然りとするなり。才は、徳の用なり」(才難、蓋古語、而孔子然之也。才者、徳之用也)とある。
  • 唐虞之際 … 堯・舜の時代以後。『集注』には「唐虞は、堯舜の天下をたもつの号。際は、交会の間」(唐虞、堯舜有天下之號。際、交會之間)とある。
  • 於斯為盛 … 周の創業時代こそ、ずっと人材に恵まれた。「斯」は周の創業時代を指す
  • 三分天下有其二 … 天下を三つに分け、その二つを支配下におさめた。「三」は『義疏』では「參」に作る。『集注』には「蓋し天下文王に帰す者六州、荊、梁、雍、、徐、揚なり。惟だ青、えんのみ、尚お紂に属すのみ」(蓋天下歸文王者六州、荊、梁、雍、豫、徐、揚也。惟青、兖、冀、尚屬紂耳)とある。
  • 服事 … 服従して仕えること。
  • 周之徳 … 『義疏』では「周徳」に作る。
  • 可謂至徳也已矣 … 『義疏』はじめ諸本では「其可謂至徳也已矣」に作る。
  • 至徳 … 最上の徳。
  • 也已矣 … 「のみ」と読み、「~なのだ」と訳す。強い断定をあらわす助辞。「也已」よりも強い。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十