>   論語   >   衛霊公第十五   >   3

衛霊公第十五 3 子曰由知德者鮮矣章

382(15-03)
子曰。由知德者鮮矣。
いわく、ゆうとくものすくなし。
現代語訳
  • 先生 ――「由くん、道徳をチエで知る人はまずないね。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    ゆうよ、ほんとうに徳というものが腹にはいっているものは少ないものだね」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 由 … 前542~前480。姓はちゅう、名は由。あざなは子路、または季路。孔子より九歳年下。門人中最年長者。孔門十哲のひとり。政治的才能があり、また正義感が強く武勇にも優れていた。ウィキペディア【子路】参照。
  • 鮮 … 「すくなし」と読む。すくない。ほとんどいない。
  • … 文末につけて、断定の意を示す。訓読しない。
補説
  • 由 … 宮崎市定は、「由」の字は本来「能」ではないかと疑問を呈し、「能く徳を知る者は鮮ないかな、となれば口調もよく、文章がずっとすっきりする」と言っている。詳しくは『論語の新研究』327頁参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十