>   論語   >   憲問第十四   >   42

憲問第十四 42 子撃磬於衞章

374(14-42)
子撃磬於衞。有荷蕢而過孔氏之門者。曰。有心哉撃磬乎。既而曰。鄙哉。硜硜乎。莫己知也。斯已而已矣。深則厲。淺則掲。子曰。果哉。末之難矣。
けいえいつ。にないてこうもんぐるものり。いわく、こころるかなけいつやと。すでにしていわく、なるかな。硜硜こうこうたり。おのれくんば、まんのみ。ふかければすなわれいし、あさければすなわけいすと。いわく、なるかな。これかたしとするし。
現代語訳
  • 先生は衛の国で楽器をたたいていた。モッコをかついで家のまえを通る男がある。――「張りきってるな、楽器をたたくにも。」曲がすむとまた ――「下品だな、ガツガツしてて…。みとめてもらえなきゃあ、それでやめるがいいさ。『深けりゃぬいで、浅けりゃからげ』じゃ。」先生 ――「思いきりがいいな。それなら楽なんだが…。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師が衛に滞在中、ある日けいをうって楽しんでいられた。その時、もっこをかついで門前を通りがかった男が、いった。――
    「ふふうむ。ちょっと意味ありげな磬のうちかただな」
    しばらくして、彼はまたいった。――
    「だが、品がない。執念深い音だ。やっぱりまだ未練があるらしいな。認めてもらえなけりゃあ、ひっこむだけのことだのに」
    それから彼は歌をうたいだした。
    「わしに添いたきゃ、渡っておじゃれ、
    水が深けりゃ腰までぬれて、
    浅けりゃ、ちょいとづまをとって。
    ほれなきゃ、そなたの気のままよ」
    それをきいていた門人の一人が、先師にそのことを話すと、先師はいわれた。――
    「思いきりのいい男だ。だが、思いきってよければ、何もむずかしいことはない。大事なのは、一身を清くすることではなくて、天下とともに清くなることなのだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 磬 … 古代の楽器。「へ」の字型に曲がった玉や石板で作った打楽器。吊るして打ち鳴らす。
  • 衛 … 周代の侯国。殷が滅びたあと、周の武王が弟の康叔を封じた。現在の河北省と河南省にまたがった地域にあった。ウィキペディア【】参照。
  • 荷 … かつぐ。
  • 蕢 … 土を入れて担いで運ぶもっこ。あじか。「簣」とも書く。
  • 孔氏 … 孔子のこと。
  • 者 … ここでは隠者。
  • 有心哉 … 世を憂える心がこもっているなあ。「哉」は「かな」と読み、「~であるなあ」と訳す。感嘆・詠嘆の意を示す。
  • 撃磬乎 … 磬のたたき方は。「乎」は「や」と読む。
  • 鄙哉 … いやしい感じだなあ。孔子の世を憂える心情をいやしいものとしている。
  • 硜硜乎 … コチコチした融通性のない音色だなあ。「乎」は「こ」と読み、形容する語の意味を強調している。
  • 莫己知也 … 自分を認めてくれる人がいなければ。
  • 斯已而已矣 … すぐやめるまでのことだ。「而已矣」は「のみ」と読む。強い断定をあらわす助辞。
  • 深則厲。浅則掲 … 深い川なら着物を脱いで渡り、浅い川ならすそをまくりあげて渡る。「厲」はむりやりに水を切って浅瀬を押し渡ること。「掲」はすそをまくりあげて川を渡ること。『詩経』はい風、匏有ほうゆう苦葉くよう篇の句。ウィキソース「詩經/匏有苦葉」参照。
  • 果哉 … 果敢だなあ。思い切りがいいなあ。
  • 末之難矣 … これは何も難しいことではない。「末」は「無」と同じ。「之」はその人のように思い切りよく考えること。「難」は困難。
余説
  • 孔氏 … 『義疏』では「孔子」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十