>   論語   >   憲問第十四   >   39

憲問第十四 39 子曰賢者辟世章

371(14-39)
子曰。賢者辟世。其次辟地。其次辟色。其次辟言。
いわく、賢者けんじゃく。つぎく。つぎいろく。つぎげんく。
現代語訳
  • 先生 ――「かしこい人は世をのがれる。その下の人は、土地をのがれる。その下の人は、殿の顔色をのがれる。その下の人は、殿のことばをのがれる。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「賢者がその身を清くする場合が四つある。世の中全体に道が行なわれなければ、世をさけて隠棲する。ある地方に道が行なわれなければ、その地方をさけて、他の地方に行く。君主の自分に対する信任がうすらぎ、それが色に出たら、その色をさけて隠退する。君主の言葉と自分の言葉とが対立すれば、その言葉をさけて隠退する」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 世 … 世間一般。
  • 辟 … ける。逃避する。「避」に同じ。
補説
  • 辟 … 『義疏』では「避」に作る。
  • 其次 … 宮崎市定は「其の次には」と読み、「次の段階では」と訳している(『論語の新研究』)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十