>   論語   >   憲問第十四   >   41

憲問第十四 41 子路宿於石門章

373(14-41)
子路宿於石門。晨門曰。奚自。子路曰。自孔氏。曰。是知其不可。而爲之者與。
子路しろ石門せきもん宿しゅくす。晨門しんもんいわく、いずりする。子路しろいわく、こうりす。いわく、不可ふかなるをりて、しかこれさんとするものか。
現代語訳
  • 子路が石門(セキモン)に宿をとった。門番がいう、「どこからだね。」子路 ――「孔の家からだ。」――「あのダメだと知りながら、やってる男か。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子路が石門せきもんに宿って、翌朝関所を通ろうとすると、門番がたずねた。――
    「どちらからおいでですかな」
    子路がこたえた。――
    「孔家のものです」
    すると門番がいった。――
    「ああ、あの、だめなことがわかっていながら、思いきりわるくまだやっている人のうちの方ですかい」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子路 … 前542~前480。姓はちゅう、名は由。あざなは子路、または季路。魯のべんの人。孔門十哲のひとり。孔子より九歳年下。門人中最年長者。政治的才能があり、また正義感が強く武勇にも優れていた。ウィキペディア【子路】参照。
  • 石門 … 地名。または、魯の城外の門。
  • 晨門 … 門番。朝に門を開き、夕方に門を閉める。「晨」は朝。
補説
  • 石門晨門 … 『義疏』では「石門石門晨門」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十