>   論語   >   憲問第十四   >   34

憲問第十四 34 微生畝章

366(14-34)
微生畝謂孔子曰。丘何爲是栖栖者與。無乃爲佞乎。孔子曰。非敢爲佞也。疾固也。
せいこういていわく、きゅうなん栖栖せいせいたるものすか。すなわねいからんや。こういわく、えてねいすにあらざるなり。にくむなり。
現代語訳
  • 微生畝(ホ)が孔先生にいった、「丘(キュウ)くん、なんでそうセカセカしてるんだね。おベンチャラをやってるんじゃないか。」孔先生 ――「おベンチャラはやれませんがね。ヘンクツはいやなんで。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • せいが先師にいった。――
    きゅう、お前はなんでそんなに、いつまでもあくせくとうろつきまわっているのだ。そんなふうで、おべんちゃらばかりいって歩いているのではないかね」
    先師がいわれた。――
    「いや、別におしゃべりをしたいわけではありませんが、小さく固まってひとりよがりになるのがいやなものですから」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 微生畝 … 隠者。姓は微生、名は畝。人物については不明。孔子より年長者と思われる。
補説
  • 孔子曰 … 『義疏』では「孔子対曰」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十