>   論語   >   憲問第十四   >   29

憲問第十四 29 子曰君子恥其言而過其行章

361(14-29)
子曰、君子恥其言而過其行。
いわく、くんげんじて、おこないをごす。
現代語訳
  • 先生 ――「よくできた人はことばがおこないを越えるのを恥じる。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「君子たる者は、言葉が行いよりも大げさなのを恥じる。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「君子は言葉が過ぎるのを恥じる。しかし実践には過ぎるほど努力する」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 君子 … 徳の高い立派な人。人格者。反対はしょうじん
  • 恥其言 … 実践の伴わない発言を恥じ、言葉を慎むこと。
  • 過其行 … 実践が言葉以上であるよう努力すること。
補説
  • 而 … 『義疏』では「之」に作る。この場合、「くんげんおこないにぐるをず」(君子恥其言之過其行)と訓読し、「君子は自分の言葉が、行いよりも立派過ぎることを恥じる」と訳す。こちらの方がすっきりしてわかりやすい。
  • 恥其言 … 『集注』に「恥とは、敢えて之を尽くさざるの意」(恥者、不敢盡之意)とある。
  • 其行 … 『義疏』では「其行也」に作る。
  • 過其行 … 『集注』に「過とは、余り有るを欲するの辞」(過者、欲有餘之辭)とある。
  • 荻生徂徠は「けだし君子の其の行いをごす所以ゆえんの者は、其のすでに言う所を恥ずるがゆえなるを謂うなり」(蓋謂君子之所以過其行者。恥其所已言故也)と言う。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十