>   論語   >   憲問第十四   >   28

憲問第十四 28 曾子曰君子思不出其位章

360(14-28)
曾子曰、君子思不出其位。
そういわく、くんおもうことくらいよりでず。
現代語訳
  • 曽先生 ――「よくできた人は、本職のことしか考えない。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 曾子が説明して言うよう、「君子はその時々の地位に応じてその本分以外のことを考えず、ただ当面の責任を全くせんことを思え、とのご趣意である。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 曾先生がいわれた。――
    「君子は自分の本分をこえたことは考えないものである」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 曾子 … 姓はそう、名はしんあざな子輿しよ。魯の人。孔子より四十六歳年少の門人。『孝経』を著した。ウィキペディア【曾子】参照。
  • 思不出其位 … 自分の地位以外のことは考えない。ここでの「位」は地位・職務・本分など、自分のいる所すべてを指す。
補説
  • 曾子 … 『孔子家語』七十二弟子解に「曾参は南武城の人、あざなは子輿。孔子よりわかきこと四十六歳。志孝道に存す。故に孔子之に因りて以て孝経を作る」(曾參南武城人、字子輿。少孔子四十六歳。志存孝道。故孔子因之以作孝經)とある。ウィキソース「孔子家語/卷九」参照。また『史記』仲尼弟子列伝に「曾参は南武城の人。字は子輿。孔子より少きこと四十六歳。孔子以為おもえらく能く孝道に通ずと。故に之に業を授け、孝経を作る。魯に死せり」(曾參南武城人。字子輿。少孔子四十六歳。孔子以爲能通孝道。故授之業、作孝經。死於魯)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。
  • 『集解』に引く孔安国の注に「其の職を越えざるなり」(不越其職)とある。
  • 『易経』ごんしょう(易のこうの形に対する解釈の言葉)に「しょういわく、ねたるやまは、ごんなり。君子くんしもっおもうことくらいでず」(象曰、兼山、艮。君子以思不出其位)とある。『集注』に「此れごんの象辞なり。曾子蓋し嘗て之を称す。記者上章の語に因りて、之を類記するなり」(此艮卦之象辭也。曾子蓋嘗稱之。記者因上章之語、而類記之也)とある。
  • 伊藤仁斎は「上の章は専ら政を謀る者の為に言えり。此の章はあまねく君子の平日の期する所を言えり」(上章専爲謀政者言。此章泛言君子平日之所期)と言う。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「官位のいいに非ざるなり。凡そ之をと謂う者は、皆其の立つ所のくらいを謂うなり。皆礼を行うことを以て之を言う」(非官位之謂也。凡謂之位者。皆謂其所立之位也。皆以行禮言之)と言う。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十