>   論語   >   里仁第四   >   22

里仁第四 22 子曰古者言之不出也章

088(04-22)
子曰、古者、言之不出、恥躬之不逮也。
いわく、古者いにしえげんださざるは、およばざるをずればなり。
現代語訳
  • 先生 ――「昔の人の口重いのは、やれないことを恐れたからだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「古人が軽々かるがるしく物を言わぬのは、自分の実行がそれにともなわぬことをじるからだ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「古人はかろがろしく物をいわなかったが、それは実行のともなわないのを恥じたからだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 古者 … ここでは「こしゃ」「いにしえ」と読む。昔の人。古人。「古者」を「いにしえは」と読んだ場合、「昔」「昔は」の意味になる。
  • 古者言之不出 … 昔の人が軽々しく物を言わなかったのは。
  • 躬 … 身。ここでは自分で実際に実行すること。
  • 逮 … 「及」に同じ。
補説
  • 古者、言之不出、恥躬之不逮也 … 『集解』に引く包咸の注に「古えの人、言みだりに口より出ださざる者は、其の身の行いの将に及ばざらんとするを恥ずるが為なり」(古之人、言不妄出口者、爲恥其身行之將不及也)とある。『論語集解』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『義疏』に「躬は、身なり。逮は、及なり。古人軽〻しく言を出ださざる者は、身の行いの及ぶ能わざるを恥ずればなり。故に子路諾を宿せざるなり。故に李充曰く、夫れ軽諾とは、必ず信すくなし。多易とは、必ず難多し。是を以て古人之を難しとす」(躬、身也。逮、及也。古人不輕出言者、恥身行之不能及也。故子路不宿諾也。故李充曰、夫輕諾者、必寡信。多易者、必多難。是以古人難之)とある。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』に「古えと言えるは、以て今の然らざるをあらわすなり。逮は、及なり。行いの言に及ばざるは、恥ず可きの甚だしきなり。古えに其の言を出ださざる所以は、此が為の故なり」(言古者、以見今之不然。逮、及也。行不及言、可恥之甚。古者所以不出其言、爲此故也)とある。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 古者言之不出 … 『集解』では「古者言之不出也」に作る。『義疏』では「古之者言之不妄出也」に作る。
  • 『集注』に引く范祖禹の注に「君子の言に於けるや、已むを得ずして後に之を出だす。之を言うこと難きに非ずして、之を行うこと難きなり。人其の行わざるをおもうや、是を以て軽く之を言う。之を言うこと其の行う所の如く、之を行うこと其の言う所の如くせば、則ちこれを其の口より出だすこと、必ず易からず」(君子之於言也、不得已而後出之。非言之難、而行之難也。人惟其不行也、是以輕言之。言之如其所行、行之如其所言、則出諸其口、必不易矣)とある。
  • 宮崎市定は「古は、之を言わんとして出ださず。みずからおよばざるを恥ずればなり」と訓読し、「古語に、之を言わんとして出ださず、とあるのは、實行が言葉に及ばぬことを恥ずるという意味だ」と訳している(『論語の新研究』202~203頁)。
  • 伊藤仁斎『論語古義』に「此れ言を出だすことの易くして、を履むことの難きを言うなり。夫れ言いて称えざるは、恥ず可きの甚だしきなり。古人実を尚びて華を貴ばず。故に之を恥ずること此の如し」(此言出言之易、而躬履之難也。夫言而不稱、可恥之甚也。古人尚實而不貴華。故恥之如此)とある。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』には、この章の注なし。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十