>   論語   >   憲問第十四   >   26

憲問第十四 26 蘧伯玉使人於孔子章

358(14-26)
蘧伯玉使人於孔子。孔子與之坐而問焉。曰。夫子何爲。對曰。夫子欲寡其過而未能也。使者出。子曰。使乎使乎。
きょはくぎょくひとこう使つかわす。こうこれあたえてう。いわく、ふうなにをかす。こたえていわく、ふうあやまちをすくなくせんとほっするも、いまあたわざるなり。使しゃず。いわく、使つかいなるかな、使つかいなるかな。
現代語訳
  • 蘧(キョ)伯玉が、使いを孔先生によこした。孔先生はかれを席につかせてたずねる。――「ご主人はどうしておられます…。」返事 ――「主人は落ちどのないようにと、心がけてはおりますが…。」使いの人がさがったあと、先生 ――「いい使いだ、いい使いだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • きょはくぎょくが先師に使者をやった。先師は使者を座につかせてたずねられた。――
    「ご主人はこのごろどんなことをしておすごしでございますか」
    使者がこたえた。――
    「主人はなんとかして過ちを少なくしたいと苦心していますが、なかなかそうはまいらないようでございます」
    使者が帰ったあとで、先師がいわれた。――
    「見事な使者だ、見事な使者だ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十