>   論語   >   憲問第十四   >   27

憲問第十四 27 子曰不在其位章

359(14-27)
子曰、不在其位、不謀其政。
いわく、くらいらざれば、まつりごとはからず。
現代語訳
  • 先生 ――「本職でないのに、口だしはしない。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「その地位にいなくて、みだりにその職務のことに口出しすべきではない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 其位 … その地位。
  • 其政 … その政務。その職務。
  • 謀 … 意見を述べる。口出しをする。
補説
  • 泰伯第八14」に重出。
  • 不謀其政 … 『義疏』では「不謀其政也」に作る。
  • 伊藤仁斎は、次章において「上の章は専ら政を謀る者の為に言えり」(上章専爲謀政者言)と言う。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十