>   論語   >   憲問第十四   >   20

憲問第十四 20 子言衞靈公之無道也章

352(14-20)
子言衞靈公之無道也。康子曰、夫如是、奚而不喪。孔子曰、仲叔圉治賓客、祝鮀治宗廟、王孫賈治軍旅。夫如是、奚其喪。
えい霊公れいこうどうう。こういわく、くのごとくんば、なんほろびざる。こういわく、ちゅうしゅくぎょ賓客ひんかくおさめ、しゅくそうびょうおさめ、おうそん軍旅ぐんりょおさむ。くのごとくんば、なんほろびん。
現代語訳
  • 先生が衛の霊さまの乱脈ぶりを問題にすると、(家老の)季孫さんが ――「それほどなのに、どうしてほろびなかったんでしょう…。」孔先生 ――「仲叔圉(ギョ)が外交をさばき、祝鮀(ダ)が政治をととのえ、王孫賈(カ)が軍隊をきたえた。そんなだもの、ほろびはしません。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師が、衛の霊公は無道な君主だと非難された。すると大夫のこうがいった。――
    「おっしゃるとおりだとしますと、どうして国が亡びないのでしょう」
    先師がいわれた。――
    ちゅうしゅくぎょが外交に任じ、しゅくが内政をつかさどり、おうそんが国防の責を負っています。これだけの人物がそろっていて、どうして国が亡びましょう」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 霊公 … 春秋時代、衛の君主。名は元。在位は前534~前493。ウィキペディア【霊公 (衛)】参照。
  • 康子 … 魯の国の大夫、季康子。名は肥、康は諡号。父・季桓子の後を継ぎ、筆頭家老となったのは孔子六十歳頃であったと言われている。ウィキペディア【三桓氏】参照。
  • 祝鮀 … 生没年不詳。衛の大夫。名は鮀、あざなは子魚。祝は、宗廟の祭祀の官。霊公に仕え、雄弁であったといわれている。ウィキペディア【祝佗】(中文)参照。
  • 王孫賈 … 衛の霊公の時の大夫。名臣であった。
補説
  • 子言衛霊公之無道也 … 『義疏』では「子曰衛霊公之無道久也」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十