>   論語   >   憲問第十四   >   19

憲問第十四 19 公叔文子之臣大夫僎章

351(14-19)
公叔文子之臣大夫僎。與文子同升諸公。子聞之曰。可以爲文矣。
こうしゅくぶんしんたいせん文子ぶんしおなじくこれこうのぼす。これきていわく、もっぶんすべし。
現代語訳
  • 公叔文さんの家来から、ご家老になった僎(セン)は、文さんと同格で殿のまえに出た。先生がそれをきいて ――「文さんはおくり名にふさわしい人だ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • こうしゅくぶんの家臣であったせんは、大夫となって文子と同列で朝廷に出仕した。先師はそのことを知っていわれた。――
    「公叔文子は文の名に値する人だ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 公叔文子 … 衛の大夫。公孫抜。
  • 臣 … 家臣。
  • 大夫僎 … 公叔文子の家臣だったが、文子の推薦により衛の大夫となった。
補説
  • 僎 … 『経典釈文』には「本又作撰」とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十