>   論語   >   憲問第十四   >   10

憲問第十四 10 或問子産章

342(14-10)
或問子産。子曰。惠人也。問子西。曰。彼哉彼哉。問管仲。曰。人也。奪伯氏駢邑三百。飯疏食。没齒無怨言。
あるひとさんう。いわく、恵人けいじんなり。西せいう。いわく、かれをや、かれをや。かんちゅうう。いわく、(この)ひとや。はく駢邑べんゆう三百さんびゃくうばう。疏食そしくらい、よわいぼっするまで怨言えんげんかりき。
現代語訳
  • だれかが子産のことをきく。先生 ――「なさけぶかい人だ。」子西のことをきく。先生 ――「あれかね。あれかね。」管仲のことをきく。先生 ――「あの人は伯氏の駢邑(ベンユウ)三百戸をうばったが、伯さんはひや飯をくいながら、一生うらみごとをいわなかった。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • ある人がていの大夫子産の人物についてたずねた。先師がこたえられた。――
    「めぐみ深い人だ」
    の大夫子西の人物についてたずねた。先師がこたえられた。――
    「あの人か、あの人は」
    斉の大夫管仲の人物についてたずねた。先師がこたえられた。――
    「人物だね。あの人は大夫はくの罪をただして、その領地であった駢邑べんゆう三百里を没収したが、当の伯氏は、その後やっとかゆをすするほどの困りかたであったにもかかわらず、死ぬまであの人に対して怨みごとをいわなかったというのだから、大したものだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 或 … 「あるひと」と読む。
  • 子産 … ?~前522。ていの大夫。姓は公孫こうそん、名はきょうあざなは子産、また子美。孔子より一世代前の政治家。教養があり、優れた政治家であった。ウィキペディア【子産】参照。
  • 管仲 … ?~前645。せいの宰相。管は姓。名は夷吾いご、仲はあざな。『管子』の著者。ウィキペディア【管仲】参照。
補説
  • 曰。人也 … 「人」の前に一字脱落しているといわれている。武内義雄は「大」字を補っている(『論語』岩波文庫、『武内義雄全集 第二巻』所収)。宮崎市定も「大人、成人あたりが最も近いであろう」と訳している(『論語の新研究』)。
  • 疏 … 『義疏』では「蔬」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十