>   論語   >   憲問第十四   >   11

憲問第十四 11 子曰貧而無怨難章

343(14-11)
子曰。貧而無怨難。富而無驕易。
いわく、ひんにしてうらむこときはかたく、みておごることきはやすし。
現代語訳
  • 先生 ――「貧乏に不平をいわないのは、むつかしい。金持ちで高ぶらないには、やさしい。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「生活に困ると、とかく人をうらむ心を生ずるものだから、貧困でも天命に安んじてうらみがましいことのないのは、すこぶるむずかしいことじゃ。それにくらべると、富んでもおごらぬということは、少しく真理をわきまえた者にはやさしいことなのだが、しかしそのやさしいことすらできぬ者が多いのだから、お前達は、そのかたきをつとめ、そのやすきをゆるがせにせぬようにせよ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「貧乏でも怨みがましくならないということは、めったな人にできることではない。それに比べると、富んでおごらないということはたやすいことだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 貧而 … 貧乏であるのに。「而」は「~して」「~て」と直前の語に続けて読む。「~でありながら」「~であるのに」と訳す。
  • 怨 … 天をうらみ、人を恨む。恨み言をいう。愚痴をこぼす。
  • 驕 … おごり高ぶる。また、おごり高ぶってほしいままな行いをする。
補説
  • 『集注』に「貧に処るは難く、富に処るは易きは、人の常情なり。然れども人当に其の難きを勉むべくして其の易きをゆるがせにすべからざるなり」(處貧難、處富易、人之常情。然人當勉其難而不可忽其易也)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十