>   論語   >   憲問第十四   >   9

憲問第十四 9 子曰爲命章

341(14-09)
子曰。爲命。裨諶草創之。世叔討論之。行人子羽脩飾之。東里子產潤色之。
いわく、めいつくるに、じんこれ草創そうそうし、せいしゅくこれ討論とうろんし、行人こうじん子羽しうこれ脩飾しゅうしょくし、とうさんこれ潤色じゅんしょくせり。
現代語訳
  • 先生 ――「外交文書は裨諶(ヒジン)が原稿をつくり、世叔(セイシュク)がそれを検討し、外交官の子羽(シウ)が文を練り、東里(地名)の子産が磨きをかけた。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「ていの国では外交文書を作るのにも、まずじんがだいたいの要項を立案し、せいしゅくじつをただし論理を合わせ、外交官子羽しうが文章を添削てんさく整理し、最後に東里のさんの手元でぶんしょくを加えて仕上げをする。さても念のったことかな。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    ていの国では、外交文書を作成するには、じんが草稿をつくり、せいしゅくがその内容を検討し、外交官の子羽しうがその文章に筆を入れ、さらにとうさんがそれに最後の磨きをかけている」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 命 … 辞命。諸侯と応対する外交文書。公文書。
  • 裨諶 … 鄭の大夫。名は皮。
  • 之 … 四つとも「命」を指す。
  • 草創 … 草稿を作る。
  • 世叔 … 鄭の大夫。名は游吉ゆうきつ。子大叔ともいう。
  • 討論 … 典故を調べ、それを検討する。
  • 行人 … 官名。賓客や使者の接待を司る名。外交官。
  • 子羽 … 鄭の大夫。公孫揮ともいう。
  • 脩飾 … 添削する。
  • 東里 … 子産の住んでいる地名。場所は不明。
  • 子産 … ?~前522。ていの大夫。姓は公孫こうそん、名はきょうあざなは子産、また子美。孔子より一世代前の政治家。教養があり、優れた政治家であった。ウィキペディア【子産】参照。
  • 潤色 … 色つやを加え、文学的に美しく仕上げる。
補説
  • 裨諶 … 『左伝』襄公三十一年に「裨諶は能くはかる。に謀れば則ちくにに謀れば則ちしからず」(裨諶能謀。謀於野則獲、謀於邑則否)とある。『集解』に引く孔安国の注に「裨諶は、鄭の大夫の名なり。野に謀れば則ち獲、国に謀れば則ち否らず。鄭国将に諸侯の事有らんとす。則ち車に乗りて以て野にかしむ。而して謀りて盟会の辞を作る」(裨諶、鄭大夫名也。謀於野則獲、謀於國則否。鄭國將有諸侯之事。則使乘車以適野。而謀作盟會之辭)とある。『集注』に「裨諶以下の四人は、皆鄭の大夫」(裨諶以下四人、皆鄭大夫)とある。
  • 草創 … 『集注』に「草は、略なり。創は、造なり。草藁そうこうを造為するを謂うなり」(草、略也。創、造也。謂造爲草藁也)とある。「造為」は、つくること。
  • 世叔 …『左伝』襄公三十一年に「子大叔は美秀にして文なり」(子大叔美秀而文)とある。『集解』に引く馬融の注に「世叔は、鄭の大夫游吉なり」(世叔、鄭大夫游吉也)とある。『集注』に「世叔は、游吉なり。春秋伝は子太叔に作る」(世叔、游吉也。春秋傳作子太叔)とある。
  • 討論 … 『集解』に引く馬融の注に「討は、治なり。裨諶既に謀を造る。世叔復た治めて之を論ず。詳しくして之をつまびらかにす」(討、治也。裨諶既造謀。世叔復治而論之。詳而審之)とある。『集注』に「討は、尋ね究むなり。論は、講じ議するなり」(討、尋究也。論、講議也)とある。
  • 行人 … 『集解』に引く馬融の注および『集注』に「行人は、使をつかさどるの官」(行人、掌使之官)とある。
  • 子羽 … 『左伝』襄公三十一年に「公孫揮は能く四国のしわざを知る」(公孫揮能知四國之爲)とある。『集解』に引く馬融の注および『集注』に「子羽は、公孫揮なり」(子羽、公孫揮也)とある。
  • 脩飾 … 『集注』に「脩飾は、之を増損するを謂う」(脩飾、謂增損之)とある。
  • 東里 … 『集注』に「東里は地名、子産の居る所なり」(東里地名、子産所居也)とある。
  • 子産 … 『集解』に引く馬融の注に「子産は東里に居す。因りて以て号と為す。此の四賢をて成る。故に敗事有ることすくなし」(子產居東里。因以爲號。更此四賢而成。故鮮有敗事)とある。
  • 潤色 … 『集注』に「潤色は、加うるに文采を以てするを謂うなり」(潤色、謂加以文采也)とある。
  • 『集注』に「鄭国の辞命を為る、必ず此の四賢の手をて成る。詳審精密、各〻長ずる所を尽くす。是を以て諸侯に応対し、敗事有すことすくなし。孔子の此を言うは、蓋し之を善しとするなり」(鄭國之為辭命、必更此四賢之手而成。詳審精密、各盡所長。是以應對諸侯、鮮有敗事。孔子言此、蓋善之也)とある。
  • 伊藤仁斎は「論に曰く、いにしえの良相と称せし者は、専ら己の善を用いるに在らずして、能く人の善を用いるに在り。蓋し己の善は限り有りて、天下の善はきわまり無し。故に能く天下の善を用いて、而る後に能く天下の善を成すなり。按ずるに左伝に裨諶等の三人、皆子産の薦むる所にして、子産鄭国のまつりごとを執ること、四十余年、国兵を受けず、諸侯に応対して、敗事有ること無し。能く人の善を用いるの効に非ずや」(論曰、古之称良相者、不在專用己之善、而在能用人之善。蓋己之善有限、而天下之善無窮。故能用天下之善、而後能成天下之善也。按左傳裨諶等三人、皆子產之所薦、而子產執鄭國之政、四十餘年、國不受兵、應對諸侯、無有敗事。非能用人之善之效乎)と言う。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「脩飾・潤色、其の義同じからず。蓋し裨諶草を作り、世叔討論して未だ定まらず。子羽の手を経てのち定まり、ここに於いてかぶん成る。故に脩飾と曰う。子産の潤色は、乃ち文成るの後に在るなり。討論の二字、人或いは其の解を知らず、多く尋討とおもえり。古義に非ず。蓋し其の罪を声するを討と曰う。故に討論とは、其の非をばくするのいいなり」(脩飾潤色。其義不同。葢裨諶作草。世叔討論而未定。經子羽之手後定。於是乎文成矣。故曰脩飾。子產之潤色。乃在文成之後也。討論二字。人或不知其解。多謂尋討也。非古義矣。葢聲其罪曰討。故討論者。駁其非之謂也)と言う。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十