>   論語   >   子路第十三   >   30

子路第十三 30 子曰以不教民戰章

332(13-30)
子曰。以不教民戰。是謂棄之。
いわく、おしえざるのたみもったたかう。これつとう。
現代語訳
  • 先生 ――「訓練のない人民で戦うのは、見殺しにするものだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「十分に強化訓練していない人民をって戦争すれば、必ず敗戦にきまっているから、人民を捨て殺しにするというものじゃ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「教化訓練の行きとどかない人民を率いて戦にのぞむのは、民を棄てるのと同じである」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 以 … 「用」に同じ。「もちいて」「ひきいて」と読んでもよい。『集注』に「以は、用うなり」(以、用也)とある。
  • 教 … 教化指導する。軍事訓練を施す。
  • 之 … 民を指す。
  • 棄 … 民をむざむざと殺す。
補説
  • 『集解』に引く馬融の注に「言うこころは習わざるの民を用いて、之をして攻戦せしむれば、必ず破敗せり。是れ之を棄つと謂う」(言用不習之民、使之攻戰、必破敗。是謂棄之)とある。
  • 『集注』に「言うこころは教えざるの民を用いて以て戦えば、必ず敗亡の禍有り。是れ其の民を棄つるなり」(言用不教之民以戰、必有敗亡之禍。是棄其民也)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十