>   論語   >   子路第十三   >   28

子路第十三 28 子路問曰何如斯可謂之士矣章

330(13-28)
子路問曰。何如斯可謂之士矣。子曰。切切偲偲。怡怡如也。可謂士矣。朋友切切偲偲。兄弟怡怡。
子路しろいてわく、何如いかなるをこれうべきか。わく、切切せつせつ偲偲しし怡怡いいじょたるを、うべし。朋友ほうゆうには切切せつせつ偲偲しし兄弟けいていには怡怡いい
現代語訳
  • 子路がたずねる、「どんなだったら一人まえの人といえますか。」先生 ――「しん身に、おこたらずに、心たのしくやれたら、一人まえの人といえるね。友だちには、しん身に、おこたらず、きょうだいとは心たのしく。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子路がたずねた。――
    「どういう人物を士というのでございましょう」
    先師がこたえられた。――
    「こまやかな情愛、かゆいところに手のとどくような親切心、春風のようにやわらかで温かい物ごし、そうしたものが士にはそなわっていなければならない。とりわけ朋友に対しては情をこまやかにして、懇切に交わるがいいし、兄弟に対しては顔色をやわらげることに気をつけるがいい」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子路 … 姓はちゅう、名は由。あざなは子路、または季路。孔門十哲のひとり。孔子より九歳年下。門人中最年長者。政治的才能があり、また正義感が強く武勇にも優れていた。ウィキペディア【子路】参照。
余説
  • 兄弟怡怡 … 『義疏』では「兄弟怡怡如也」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十