>   論語   >   子路第十三   >   25

子路第十三 25 子曰君子易事而難説也章

327(13-25)
子曰。君子易事而難説也。説之不以道。不説也。及其使人也。器之。小人難事而易説也。説之雖不以道。説也。及其使人也。求備焉。
いわく、くんつかやすくしてよろこばせがたきなり。これよろこばすにみちもってせざれば、よろこばざるなり。ひと使つかうにおよびてや、これにす。しょうじんつかがたくしてよろこばせやすきなり。これよろこばすにみちもってせずといえども、よろこぶなり。ひと使つかうにおよびてや、そなわるをもとむ。
現代語訳
  • 先生 ――「できた人にはつかえやすいが、よろこばれにくいものだ。よろこばすだけの理由がないと、よろこばないものだ。そして人を使うにも、向き向きにする。できてない人にはつかえにくいが、よろこばせやすいものだ。よろこばすだけの理由がなくても、よろこぶものだ。そして人を使うときは、なんでもやらせる。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「君子は仕えやすいが、きげんはとりにくい。きげんをとろうとしても、こちらが道にかなっていないといい顔はしない。しかし人を使う時には、それぞれの器量に応じて使ってくれ、無理な要求をしないから仕えやすい。小人は、これに反して、仕えにくいがきげんはとりやすい。こちらが道にかなわなくても、きげんをとろうと思えばわけなくできる。しかし人を使う時には、すべてに完全を求めて無理な要求をするから仕えにくい」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 君子・小人 … 一般的に、君子は徳の高い立派な人、小人は人格が低くてつまらない人、の意。
  • 説 … 「悦」に同じ。「よろこぶ」と読む。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十