>   論語   >   子路第十三   >   20

子路第十三 20 子貢問曰何如斯可謂之士矣章

322(13-20)
子貢問曰。何如斯可謂之士矣。子曰。行己有恥。使於四方。不辱君命。可謂士矣。曰。敢問其次。曰。宗族稱孝焉。郷黨稱弟焉。曰。敢問其次。曰。言必信。行必果。硜硜然小人也。抑亦可以爲次矣。曰。今之從政者何如。子曰。噫。斗筲之人。何足算也。
こういてわく、何如いかなればこれうべきか。わく、おのれおこなうにはじり。ほう使つかいして君命くんめいはずかしめざるを、うべし。わく、あえつぎう。わく、宗族そうぞくこうしょうし、きょうとうていしょうす。わく、あえつぎう。わく、うことかならしんおこなうことかなら硜硜然こうこうぜんとしてしょうじんなるかな。そもそももっつぎすべし。わく、いままつりごとしたがもの何如いかんわく、ああそうひとなんかぞうるにらんや。
現代語訳
  • 子貢がたずねる、「どんなだったら一人まえといえますか。」先生 ――「身をつつしみ、どこに使いしても、期待にそむかなければ、一人まえといえるね。」 ―― 「そのつぎはどうでしょう…。」 ―― 「身内から親思いといわれ、土地の人からまじめとほめられること。」 ―― 「そのつぎはどうでしょう…。」 ―― 「いったことを守り、することに迷わない、コチコチの小つぶだな。だがまあそのつぎだろう。」 ―― 「いまの役人たちはどうです…。」先生 ――「いや、コセコセしていて、問題にならんわ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子貢がたずねた。――
    たる者の資格についておうかがいいたしたいと存じます」
    先師がこたえられた。――
    「自分の行動について恥を知り責任を負い、使節となって外国に赴いたら君命を辱しめない、というほどの人であったら、士といえるだろう」
    子貢がまたたずねた。――
    「もう一段さがったところで申しますと?」
    先師――
    「一家親族から孝行者だとほめられ、土地の人から兄弟の情誼に厚いと評判されるような人だろう」
    子貢――
    「さらにもう一段さがったところで申しますと?」
    先師――
    「口に出したことは必ず実行する、やり出したことはあくまでやりとげる、といったような人は、石ころみたようにこちこちしていて、融通がきかないところがあり、人物の型は小さいが、それでも第三流ぐらいのねうちはあるだろう」
    子貢が最後にたずねた。――
    「現在政務に当っている人たちをご覧になって、どうお考えになりますか」
    すると先師はこたえられた。――
    「だめ、だめ。ますではかるような小人物ばかりで、まるで問題にはならない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子貢 … 姓は端木たんぼく、名は。子貢はあざな。孔子より31歳年少の門人。孔門十哲のひとり。弁舌・外交に優れていた。ウィキペディア【子貢】参照。
余説
  • 弟 … 『義疏』では「悌」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十