>   論語   >   子罕第九   >   29

子罕第九 29 子曰可與共學章

234(09-29)
子曰。可與共學。未可與適道。可與適道。未可與立。可與立。未可與權。
わく、ともともまなぶべきも、いまともみちくべからず。ともみちくべきも、いまともつべからず。ともつべきも、いまともはかるべからず。
現代語訳
  • 先生 ―― 「いっしょに学べても、いっしょに進めるとはかぎらぬ。いっしょに進めても、いっしょにガンバれるとはかぎらぬ。いっしょにガンバれても、いっしょに分別できるとはかぎらぬ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「ともに学ぶことのできる人はあろう。しかし、その人たちがともに道に精進することのできる人であるとは限らない。ともに道に精進することのできる人はあろう。しかし、その人たちが、いざという時に確乎たる信念に立って行動をともにしうる人であるとは限らない。確乎たる信念に立って行動をともにしうる人はあろう。しかし、その人たちが、複雑な現実の諸問題に当面して、なお事を誤らないでともに進みうる人であるとは限らない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 可与共学 … その人といっしょに学ぶことができる。「与」は「ともに」と読み、「いっしょに」「つれだって」と訳す。『集注』に引く程の注には「ともに共に学ぶべしは、之を求むる所以を知るなり」(可與共學、知所以求之也)とある。
  • 可与適道 … いっしょに同じ道に進む。「適」は行く、進む。『集注』に引く程の注には「ともに道にくべしとは、往く所を知るなり」(可與適道、知所往也)とある。
  • 可与立 … 同じ位置に立つ。一つのことをいっしょに樹立する。いっしょに一人前になる。いっしょに独立する。『集注』に引く程の注には「ともに立つべしとは、篤く志し固く執りて変ぜざるなり」(可與立者、篤志固執而不變也)とある。
  • 権 … 「はかる」と読む。物事の軽重を判断し、臨機応変の措置をとること。『集注』に引く程の注には「権は、称錘なり。物をはかりて軽重を知る所以の者なり。ともはかるべしは、能く軽重をはかり義に合せしむるを謂うなり」(權、稱錘也。所以稱物而知輕重者也。可與權、謂能權輕重使合義也)とある。「称錘」は、はかり。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十