>   論語   >   子路第十三   >   6

子路第十三 6 子曰其身正章

308(13-06)
子曰。其身正。不令而行。其身不正。雖令不從。
いわく、ただしければ、れいせずしておこなわる。ただしからざれば、れいすといえどしたがわれず。
現代語訳
  • 先生 ――「この身が正しければ、命令しなくてもやる。この身がよこしまだと、命令してもやらない。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「上に立つ者が身を正しくすれば、命令を下さないでも道が行なわれるし、身を正しくしなければ、どんなに厳しい命令を下しても、人民はついてくるものではない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 其身 … 為政者として人の上に立つ者自身。
  • 不令 … 「令せずとも」「令せざれども」と読んでもよい。
  • 雖 … 「~といえども」と読み、「たとえ~であっても」「かりに~であっても」と訳す。逆接の仮定条件の意を示す。
  • 不従 … 「従わず」とも読む。人民が服従しない。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十