>   論語   >   顔淵第十二   >   9

顔淵第十二 9 哀公問於有若章

287(12-09)
哀公問於有若曰、年饑、用不足。如之何。有若對曰、盍徹乎。曰、二吾猶不足。如之何其徹也。對曰、百姓足、君孰與不足。百姓不足、君孰與足。
哀公あいこう有若ゆうじゃくいていわく、としえて、ようらず。これ如何いかんせん。有若ゆうじゃくこたえていわく、なんてっせざるや。いわく、だにもわれらず。これ如何いかんてっせんや。こたえていわく、ひゃくせいらば、きみたれともにからざらん。ひゃくせいらずんば、きみたれともにからん。
現代語訳
  • 哀(殿)さまが有若におたずね ―― 「不作で、財政が赤字だが、どうしたものか。」有若がお答えする、「いっそ一割の税になさったら…。」 ―― 「二割でさえ、わしは不足なのに、それをなんでまた一割にするのか。」お答え ―― 「人民がまかなえれば、殿さまもおなじにまかなえます。人民がこまれば、殿さまもやはりこまりますよ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 魯の哀公がゆうじゃくにたずねられた。――
    「今年は飢饉で国庫が窮乏しているが、何かよい案はないのか」
    有若がこたえていった。――
    「どうして十分の一税になさいませんか」
    哀公がいわれた。――
    「十分の二税を課しても足りないのに、十分の一税になど、どうしてできるものか」
    すると、有若がいった。
    「百姓がもし足りていたら、君主として、あなたはいったい誰とともに不足をおなげきになりますか。百姓がもし足りていなかったら、君主として、あなたはいったい誰とともに足りているのをお喜びになりますか」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 哀公 … 魯の国の君主。名は蔣。哀はおくりな定公ていこうの子。前494年、孔子五十八歳のときに即位。ウィキペディア【哀公 (魯)】参照。
  • 有若 … 孔子の門弟。姓はゆう、名はじゃくあざなは子有。魯の人。有子といわれた。容貌が孔子に似ていたという。門人で「子」と敬称を付けて呼ばれたのは、この有子とそうぜんびんの四人だけ。ウィキペディア【有若】参照。
  • 年饑 … 今年は飢饉である。
  • 用不足 … 国家の財政が不足している。
  • 如之何 … どうしたらよかろうか。
  • 対曰 … 目上の人に答えるときに用いる。
  • 盍 … 「なんぞ~せざる」と読み、「どうして~しないのか」と訳す。再読文字。「盍」は「何不」の二字を一字で代用したもの。
  • 徹 … 周代の租税の制度。十分の一の税率で租税をとる。
  • 二 … 十分の二を租税とした税法。
  • 吾猶不足 … 自分はそれでもなお足りない。
  • 如之何其徹也 … どうして十分の一税の徹税などを用いられようか。「如之何其~也」は「これをいかんぞそれ~せんや」と読み、「どうして~しようか」と訳す。「其」は強調。
  • 百姓 … 「ひゃくせい」と読む。人民のこと。農民ではない。
  • 君孰与不足 … 君主たるものは、誰といっしょに足りないと思われるのでしょうか。「孰」は「誰」に同じ。「与」は、いっしょに。「孰与~」は「たれとともにか~せん」と読み、「誰とともに~しようか。~することはできない」と訳す。反語の形。
補説
  • 有子 … 生年については確定できず、孔子より三十六歳年少、四十三歳年少など諸説ある。『孔子家語』七十二弟子解に「有若はひとあざなは子有。孔子よりわかきこと三十六歳。人とり強識にして、古道を好む」(有若魯人、字子有。少孔子三十六歲。爲人強識、好古道也)とある。ウィキソース「孔子家語/卷九」参照。また『史記』仲尼弟子列伝に「有若、孔子よりわかきこと四十三歳。……有若の状、孔子に似たり。弟子あいともともに立てて師と為し、之を師とすること夫子の時の如し」(有若少孔子四十三歲。……有若狀似孔子。弟子相與共立爲師、師之如夫子時也)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。
  • 饑 … 『義疏』では「飢」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十