>   論語   >   顔淵第十二   >   11

顔淵第十二 11 齊景公問政於孔子章

289(12-11)
齊景公問政於孔子。孔子對曰。君君臣臣。父父子子。公曰。善哉。信如君不君。臣不臣。父不父。子不子。雖有粟。吾得而食諸。
せい景公けいこうまつりごとこうう。こうこたえていわく、きみきみたり、しんしんたり。ちちちちたり、たり。こういわく、いかな。まこときみきみたらず、しんしんたらず、ちちちちたらず、たらずんば、ぞくりといえども、われこれくらわんや。
現代語訳
  • 斉(セイ)の国の景(殿)さまが政治を孔先生にきく。孔先生のお答え ―― 「殿は殿らしく、家来は家来らしく、父は父らしく、子は子らしく…。」殿 ―― 「まったくだ。ほんとに殿が殿でなく、家来が家来でなく、父が父でなく、子が子でなかったら、たべるにこまらなくても、のうのうとたべられはせぬ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 斉の景公けいこうが先師に政治について問われた。先師はこたえていわれた。――
    「君は君として、臣は臣として、父は父として、子は子として、それぞれの道をつくす、それだけのことでございます」
    景公がいわれた。――
    「善い言葉だ。なるほど君が君らしくなく、臣が臣らしくなく、父が父らしくなく、子が子らしくないとすれば、財政がどんなにゆたかであっても、自分は安んじて食うことはできないだろう」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 斉 … 周代に太公望りょしょうの建てた国。今の山東省に存在した。桓公の代に管仲を用いて覇者となった。ウィキペディア【斉 (春秋)】参照。
  • 景公 … 春秋時代、斉の君主。在位前547~前490。霊公の子、荘公の弟。名はしょきゅう。ウィキペディア【景公 (斉)】参照。
補説
  • 吾得而食諸 … 『義疏』では「吾豈得而食諸」に作る。
  • 君君臣臣。父父子子~ … 宮崎市定は「君を君とし、臣を臣とし、父を父とし、子を子とす。公いわく、善い哉。信に如し、君、君とせられず、臣、臣とせられず、父、父とせられず、子、子とせられずんば」と読んでいる。『論語の新研究』140頁以下参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十