>   論語   >   顔淵第十二   >   8

顔淵第十二 8 棘子成曰章

286(12-08)
棘子成曰。君子質而已矣。何以文爲。子貢曰。惜乎。夫子之説君子也。駟不及舌。文猶質也。質猶文也。虎豹之鞟。猶犬羊之鞟。
きょくせいいわく、くんしつのみ。なんぶんもっさんと。こういわく、しいかな、ふうくんくや。したおよばず。ぶんしつのごとく、しつぶんのごときなり。ひょうかく犬羊けんようかくのごとし。
現代語訳
  • 棘(キョク)子成がいう、 ―― 「人間は中身だけでいい。なんでかざりがいろう。」子貢 ―― 「これはしたり、あなたさまの人間論は…。四頭馬車も舌におよばず。かざりは中身とおなじ、中身はかざりとおなじ。トラやヒョウもなめし皮だと、犬やヒツジも同然です。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 衛の大夫棘子成きょくしせいがいった。――
    「君子は精神的、本質的にすぐれておれば、それでいいので、外面的、形式的な磨きなどは、どうでもいいことだ」
    すると子貢がいった。
    「あなたの君子論には、遺憾ながら、ご同意できません。あなたのような地位の方が、そういうことをおっしゃっては、取りかえしがつかないことになりますから、ご注意をお願いいたします。いったい本質と外形とは決して別々のものではなく外形はやがて本質であり、本質はやがて外形なのであります。早い話が、虎やひょうの皮が虎や豹の皮として価値あるためには、その美しい毛がなければならないのでありまして、もしその毛をぬき去って皮だけにしましたら、犬や羊の皮とほとんどえらぶところはありますまい。君子もそのとおりであります」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 棘子成 … 衛の国の大夫。
  • 質 … 実質。
  • 文 … 外観。かざり。
  • 夫子之説 … 棘子成の君子論。
  • 駟不及舌 … 一度しゃべったことは、四頭だての馬車で追っても追いつけない。言葉は慎まなければならないということ。当時の諺か。駟は四頭だての馬車。故事成語「駟も舌に及ばず」参照。
  • 虎豹 … トラとヒョウ。
  • 鞟 … 毛を取り除いた皮。なめし皮。
補説
  • 棘子成 … 『義疏』では「棘子城」に作る。
  • 鞟 … 皇侃おうがん本等では「鞹」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十