>   論語   >   先進第十一   >   23

先進第十一 23 季子然問章

276(11-23)
季子然問。仲由冉求。可謂大臣與。子曰。吾以子爲異之問。曾由與求之問。所謂大臣者。以道事君。不可則止。今由與求也。可謂具臣矣。曰。然則從之者與。子曰。弑父與君。亦不從也。
季子きしぜんう。ちゅうゆうぜんきゅう大臣だいじんうべきか。いわく、われもっことなるをうとす。すなわゆうきゅうとをう。所謂いわゆる大臣だいじんとは、みちもっきみつかえ、不可ふかなればすなわむ。いまゆうきゅうとは、しんうべし。いわく、しからばすなわこれしたがものか。いわく、ちちきみとをしいせんには、したがわざるなり。
現代語訳
  • 季子然がきく、「仲由と冉求は、重臣といえますか。」先生 ――「特別のことをおたずねかと思いのほか…。さては由くんや求くんのことですか。重臣というものは、道理をもって殿につかえ、ダメになるまでガンバります。あの由くんや求くんは、まあ平凡な家来でしょう。」子然 ―― 「では、いいなりになるのですか。」先生 ――「父や殿を殺すとなれば、いいなりにはならんですよ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 季子きしぜんがたずねた。――
    仲由ちゅうゆう冉求ぜんきゅうとは大臣といってもいい人物でございましょうね」
    先師はこたえられた。――
    「私はまた誰かもっと非凡な人物についてのおたずねかと思っておりましたが、由や求のことでございましたか。お言葉にありました大臣と申しますのは、道をもって君に仕え、道が行なわれなければ直ちに身を退くような人をいうのでありまして、由や求にはまだ及びもつかないことでございます。二人はせいぜい忠実に政務を執るぐらいの、いわばしんとでも申すべき人物でございましょう」
    季子然がまたたずねた。――
    「では、二人は主命には絶対に従うでしょうね」
    すると、先師はこたえられた。――
    「彼等といえども、まさか君父を弑すような命令には従いますまい」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 季子然 … 魯の家老、季平子の子。季桓子の弟か。名は不明。子然はあざな。ウィキペディア【三桓氏】参照。
  • 仲由 … 姓はちゅう、名は由。あざなは子路、または季路。孔子より九歳年下。門人中最年長者。孔門十哲のひとり。政治的才能があり、また正義感が強く武勇にも優れていた。ウィキペディア【子路】参照。
  • 冉求 … 姓はぜん、名はきゅうあざなゆう。魯の人。孔門十哲のひとり。孔子より二十九歳若い。ぜんゆうとも。政治的才能があった。ウィキペディア【冉有】参照。
  • 可謂大臣与 … 大臣というべき人物でしょうか。「大臣」は立派な臣下。「謂」は批評していう。
  • 異 … ほかのこと。別なこと。
  • 曾 … 「すなわち」と読み、「~だのに」と訳す。「すなわち」に同じ。
  • 道 … 正しい道。道徳。正義。
  • 不可則止 … 君がその道を用いなければ辞職する。
  • 具臣 … あまり有能ではなく、ただ員数いんずうを充たしているだけの家臣。
  • 従之者与 … 主人(季子然)の命令に絶対服従しますか。
  • 弑父与君、亦不従也 … 君主や父を殺すような命令にはきっと従いません。「弑」は君主や父を殺すこと。しいぎゃくする。
補説
  • 季子然 … 『集注』に「子然は、季氏の子弟」(子然、季氏子弟)とある。
  • 可謂大臣与 …『集注』に「自ら其の家に二子を臣として得るを多とす。故に之を問う」(自多其家得臣二子、故問之)とあり、季子然は二人を自分の家臣にしたことが得意であり、それがこの質問の動機となった。
  • 異 … 『集注』に「異は、常に非ざるなり」(異、非常也)とあり、「普通でないこと」と解釈している。荻生徂徠はこれを否定し、「ぶんるか(季氏第十六13)のおなじ」(子亦有異聞乎之異同矣)と言い、「特別なこと」と解釈している。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 曾 … 『集注』に「曾は、猶お乃のごときなり」(曾、猶乃也)とある。
  • 不可 … 宮崎市定は「きかれざれば」と読んでいる(『論語の新研究』)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十