>   論語   >   先進第十一   >   4

先進第十一 4 子曰孝哉閔子騫章

257(11-04)
子曰、孝哉閔子騫。人不間於其父母昆弟之言。
いわく、こうなるかなびんけんひと父母ふぼ昆弟こんていげんかんせず。
現代語訳
  • 先生 ――「『孝行者の騫(ビン)子騫(ケン)』 ――だれも親きょうだいのほめことばにケチをつけぬ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    びんけんはなんという孝行者だろう。親兄弟が彼をいくらほめても、誰もそれを身びいきだと笑うものがない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 孝哉 … 孝行者だなあ。「哉」は「かな」と読み、「~であるなあ」と訳す。感嘆・詠嘆の意を示す。
  • 閔子騫 … 前536~前487。姓はびん。名は損。あざなは子騫。孔門十哲のひとり。孔子より十五歳年少。魯の人。徳行にすぐれ、また孝行者でもあった。ウィキペディア【閔子騫】参照。
  • 昆弟 … 兄弟。「昆」は兄の意。
  • 間 … 文句をつける。異議をさしはさむ。誤りを指摘する。そしる。
補説
  • 閔子騫 … 『孔子家語』七十二弟子解に「閔損びんそんひとあざなは子騫。孔子よりわかきこと十五歳。徳行を以て名を著す。孔子其の孝なるをたたう」(閔損魯人、字子騫。少孔子十五歳。以德行著名。孔子稱其孝焉)とある。ウィキソース「家語 (四庫全書本)/卷09」参照。また『史記』仲尼弟子列伝に「閔損、字は子騫。孔子より少きこと十五歳。孔子曰く、孝なるかな閔子騫。人、其の父母昆弟こんていの言をかんせず、と。大夫に仕えず、くんの禄をまず。如し我をふたたびする者有らば、必ずぶんほとりに在らん、と」(閔損字子騫。少孔子十五歳。孔子曰、孝哉閔子騫。人不閒於其父母昆弟之言。不仕大夫、不食汙君之祿。如有復我者、必在汶上矣)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。
  • 宮崎市定は「不間~之言」の部分を「~をかんするの言あらず」と読み、「子いわく、孝行者といえば閔子騫だ。誰も彼の父母昆弟の悪口を言う者がない」と訳している(『論語の新研究』)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十