>   論語   >   先進第十一   >   11

先進第十一 11 季路問事鬼神章

264(11-11)
季路問事鬼神。子曰。未能事人。焉能事鬼。曰。敢問死。曰。未知生。焉知死。
季路きろしんつかうることをう。いわく、いまひとつかうることあたわず、いずくんぞつかえん。いわく、えてう。いわく、いませいらず、いずくんぞらん。
現代語訳
  • 子路がみたまの祭りかたをきく。先生 ――「人につかえられなくて、みたまが祭れるものか。」では死人はときく。先生 ――「生きた人を知らずに、死人がわかるものか。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 季路が鬼神に仕える道を先師にたずねた。先師がこたえられた。――
    「まだ人に仕える道もわからないで、どうして鬼神に仕える道がわかろう」
    季路がかさねてたずねた。――
    「では、死とはなんでありましょうか」
    すると先師がこたえられた。――
    「まだ生がなんであるかわからないのに、どうして死がなんであるかがわかろう」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 季路 … 姓はちゅう、名はゆうあざなは子路、または季路。孔門十哲のひとり。政治的才能があり、また正義感が強く武勇にも優れていた。ちなみに「季」は兄弟の一番末っ子。兄弟を年齢の上の者から順に、伯(孟)・仲・叔・季で表す。ウィキペディア【子路】参照。
  • 事 … 仕える。奉仕する。
  • 鬼神 … 祖先の神霊。神々。
  • 未 … 再読文字。「いまだ…(せ)ず」と読む。否定の意を示す。「まだ~しない」と訳す。
  • 焉 … 「いずくんぞ~ん(や)」と読む。「どうして~であろうか、いや~でない」と訳す。反語の形。
  • 鬼 … 「鬼神」に同じ。神々。
  • 敢問 … 失礼ながらお尋ねします。
  • 死 … 「死の意味」「人間の死後」「死にかた」「死に処する態度」など、諸説ある。
  • 生 … 「生きることの意味」「生きかた」など。
  • 焉知 … どうしてわかろうか、わかるはずがない。
補説
  • 問事鬼神 … 『集注』に「鬼神に事うを問うは、蓋し祭祀に奉ずる所以の意を求むるなり」(問事鬼神、蓋求所以奉祭祀之意)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十