>   論語   >   先進第十一   >   5

先進第十一 5 南容三復白圭章

258(11-05)
南容三復白圭。孔子以其兄之子妻之。
南容なんようたび白圭はくけいふくす。こうあにもっこれめあわす。
現代語訳
  • 南容は「白玉」の詩が口ぐせである。孔先生は兄上の娘を彼の嫁にした。(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    南容なんよう白圭はくけいの詩を日に三たびくりかえしていた。先師はそれを知られて、ご自分の兄の娘を彼にめあわされた」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 南容 … 姓はなんきゅう、名はかつ(括)、またとう(韜)。あざなは子容。南容は、南宮子容の略。孔子の門人といわれているが異説もあり、はっきりしない。ウィキペディア【南宮括】参照。
  • 三復 … 何度も繰り返す。「三」は頻繁。必ずしも「三回」の意ではない。「復」は繰り返し誦すること。
  • 白圭 … 『詩経』大雅・よく篇の中の一節「白圭はっけいくるは、みがくべし。げんくるは、おさむべからず」(白圭之玷、尚可磨也。斯言之玷、不可爲也)を指す。白圭の欠けたものは磨けばよいが、一度口に出した言葉は取り返しがつかない。「白圭」は白く清らかな玉。
  • 妻 … 「めあわす」と読む。嫁がせて妻とする。
補説
  • 南容 … 『史記』仲尼弟子列伝に「南宮括、字は子容」(南宮括字子容)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。また『孔子家語』七十二弟子解に「南宮韜はひと、字は子容。智を以て自らまもる。世清くしててられず、世にごるもけがされず。孔子兄の子を以て之にめあわす」(南宮韜魯人、字子容。以智自將。世淸不廢、世濁不汚。孔子以兄子妻之)とある。ウィキソース「孔子家語/卷九」参照。また『礼記』檀弓上篇に「南宮縚の妻の姑の喪に、夫子之におしえて曰く……」(南宮縚之妻之姑之喪、夫子誨之髽曰……)とある。ウィキソース「禮記/檀弓上」参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十