>   論語   >   郷党第十   >   6

論語 郷党第十 6

10-06 君子不以紺緅飾。紅紫不以爲褻服。當暑袗絺綌。必表而出之。緇衣羔裘。素衣麑裘。黄衣狐裘。褻裘長。短右袂。必有寢衣。長一身有半。狐貉之厚以居。去喪無所不佩。非帷裳。必殺之。羔裘玄冠不以弔。吉月。必朝服而朝。
君子くんし紺緅かんしゅうもっかざらず。紅紫こうしもっ褻服せつふくさず。しょたってはひとえげきかならひょうしてこれだす。緇衣しいには羔裘こうきゅう素衣そいには麑裘げいきゅう黄衣こういには狐裘こきゅう褻裘せつきゅうながく、みぎたもとみじかくす。かなら寝衣しんいり。なが一身有半いっしんゆうはん狐貉こかくあつもっる。のぞけばびざるところし。帷裳いしょうあらざれば、かならこれさいす。羔裘こうきゅう玄冠げんかんしてはもっちょうせず。吉月きつげつにはかなら朝服ちょうふくしてちょうす。
  • 君子 … ここでは孔子を指す。新注には「君子は、孔子を謂う」(君子、謂孔子)とある。
  • 紺 … 紺色。新注には「紺は、深青揚赤色、斉服なり」(紺、深青揚赤色、齊服也)とある。
  • 緅 … 赤茶色。新注には「緅は、絳色」(緅、絳色)とある。「絳色」は淡紅色。
  • 飾 … えりへり。古注に引く孔安国の注には「えりそでの縁」(領袖縁)とある。
  • 紅紫 … 紅色や紫色。正色(赤・黄・青・白・黒)ではなく、派手な間色なので平服には用いない。新注には「紅紫は、間色にして正しからず、且つ婦人女子の服に近し」(紅紫、間色不正。且近於婦人女子之服也)とある。
  • 褻服 … 平服。平常服。普段着。新注には「褻服は、私居の服なり。此を言えば、則ち以て朝祭の服と為さざるを知る可し」(褻服、私居服也。言此則不以爲朝祭之服可知)とある。
  • 袗 … ひと皇侃おうがん本等では「縝」に作る。『経典釈文』では「紾」に作る。新注には「袗は、単なり」(袗、單也)とある。
  • 当暑 … 暑い季節には。
  • 絺綌 … 「」は葛の繊維で織った目の細かい布。「げき」は葛の繊維で織った目の粗い布。古注に引く孔安国の注には「絺綌は、葛なり」(絺綌、葛也)とある。新注には「葛の精なる者をと曰い、なる者をげきと曰う」(葛之精者曰絺、麤者曰綌)とある。
  • 必表而出之 … 必ず下着を着て、その上に絺綌を着ること。異説も多い。皇侃おうがん本等には「之」の字なし。古注に引く孔安国の注には「必ず表して之を出だすとは、上衣を加うるなり」(必表而出之、加上衣)とある。新注には「表して之を出だすは、先ず裏衣を著て、絺綌を表にして之を外に出だすを謂う。其の体をあらわさざるを欲するなり。詩に所謂彼の縐絺を蒙る、是れなり」(表而出之、謂先著裏衣、表絺綌而出之於外。欲其不見體也。詩所謂蒙彼縐絺、是也)とある。「詩」は『詩経』。
  • 緇衣 … 黒い木綿の上着。新注には「緇は、黒色」(緇、黑色)とある。
  • 羔裘 … 小羊の毛皮。新注には「羔裘は、黒羊の皮を用う」(羔裘、用黑羊皮)とある。
  • 素衣 … 白の上着。
  • 麑裘 … 子鹿の皮でつくった毛皮。新注には「麑は、鹿の子、色白し」(麑、鹿子、色白)とある。
  • 黄衣 … 黄色の上着。
  • 狐裘 … 黄色い狐の毛皮。新注には「狐は、色黄」(狐、色黄)とある。
  • 褻裘長 … ふだん着の皮衣は温かくするため、丈を長目に作る。新注には「長くすは、其の温かきを欲す」(長、欲其温)とある。
  • 短右袂 … 右の袖は短くして働きやすくした。新注には「右の袂を短くすは、事をすに便ある所以なり」(短右袂、所以便作事)とある。
  • 寝衣 … 「寝る時に着る着物、寝間着」という説と、「掛け布団」という説とがある。古注に引く孔安国の注には「今の被なり」(今之被也)とある。「被」は掛け布団のこと。
  • 長一身有半 … 身長の一倍半。
  • 狐貉之厚以居 … 家にいる時は、狐やむじなの暑い毛皮を普段着に着る。「貉」は皇侃おうがん本等では「狢」に作る。古注に引く鄭玄の注には「家に在りて以て賓客に接す」(在家以接賓客)とあり、「家に居て賓客に接するときの衣服」と解釈している。新注には「狐貉は、毛深く温厚なり。私居に其の体に適うに取る」(狐貉、毛深温厚。私居取其適體)とある。劉宝楠『論語正義』に引くえんじゃくきょの注には「狐貉の厚き以て居るはじょくと為す」(狐貉之厚以居爲坐褥)とあり、「狐やむじなの暑い毛皮を敷物にして坐る」と解釈している。
  • 去喪無所不佩 … 喪に服する時以外は、宝石その他の装身具を腰に下げた。古注に引く孔安国の注には「去は、除なり。喪に非らざるときは則ち宜しくぶべき所を備え佩ぶるなり」(去、除也。非喪則備佩所宜佩也)とある。
  • 帷裳 … 朝廷に出仕したり、または祭事のときに着用するもすそ
  • 必殺之 … 「殺」は裁断して狭く切り込むこと。下を広く、上を狭くし、ひだなしで仕立てること。
  • 玄冠 … 黒い布をかぶせた冠。当時、黒は吉事に、白は凶事に用いられた。新注には「喪は素を主とし、吉は玄を主とす。弔うには必ず服を変ず。死を哀しむ所以なり」(喪主素、吉主玄。弔必變服。所以哀死)とある。「素」は白、「玄」は黒。
  • 吉月 … 毎月の最初の日。ついたち。古注に引く孔安国の注および新注には「吉月は、月朔げっさくなり」(吉月、月朔也)とある。
  • 朝服而朝 … 朝廷の礼服を着て出仕された。古注に引く孔安国の注には「朝服は、皮弁の服なり」(朝服、皮弁服)とある。「皮弁」は鹿の皮でつくった冠のこと。
  • 下村湖人(1884~1955)は「先生は衣服にもこまかな注意を払われる。紺色や淡紅色は喪服の飾りだから、それを他の場合の襟の飾りには用いられないし、また平常服に赤や紫のようなはでな色を用いられることもない。暑い時には単衣のかたびらを着られるが、下着なしに着られることはない。黒衣の下には黒羊の皮衣、白服の下には白鹿の皮衣、黄衣の下には狐の皮衣を用いられる。平常服の皮衣は温かいように長目に仕立てられるが、働きよいように右袂を短くされる。寝衣は必ず別にされ、長さは身長の一倍半である。家居には、狐やむじなの毛皮を用いて暖かにされる。喪の時以外は玉その他の装身具をきちんと身につけていられる。官服・祭服のほかは簡略にして布地を節約される。黒羊の皮衣や黒の冠で弔問されることはない。退官後も、毎月朔日ついたちには礼服を着て参賀される」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十