>   論語   >   陽貨第十七   >   12

陽貨第十七 12  子曰色厲而内荏章

446(17-12)
子曰、色厲而内荏、譬諸小人、其猶穿窬之盜也與。
いわく、いろはげしくしてうちやわらかなるは、これしょうじんたとうれば、穿せんとうのごときか。
現代語訳
  • 先生 ――「見かけがきつくて中のヤワなのは、下等な人間にたとえると、まあ忍びこみのコソドロだろうかね。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「うわべばかりえらそうにかまえていて内心きょうれんの人物は、これを細民さいみんにたとえてみると、平気な顔をしながら内心ビクビクものコソコソどろぼうのようなものじゃ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「見かけだけはいかにもいかめしくして、内心ぐにゃぐにゃしている人は、これを下層民の場合でいうと、壁をぶち破ったり、塀を乗りこえたりしながら、びくびくしている泥棒のようなものであろうか」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 色 … 容貌。うわべ。
  • 厲 … 「れいにして」とも訓読する。はげしい。きびしい。威厳がある。
  • 内 … 内心。
  • 荏 … 「じんなるは」とも訓読する。柔らか。怯弱きょうじゃく。意思が弱い。だらしがない。
  • 小人 … ここでは貧しい庶民。下層階級の人。
  • 穿窬之盗 … 壁を破り塀を越えて忍び込むこそ泥。「穿」は、壁に穴をあけること。「窬」は、垣根を乗り越えること。
補説
  • 厲 … 『集注』に「厲は、威厳なり」(厲、威嚴也)とある。
  • 荏 … 『集解』に引く孔安国の注に「じんは、柔なり。外自ら矜厲きんれいにして内じゅうねいす」(荏、柔也。爲外自矜厲而内柔佞)とある。『集注』に「荏は、柔弱なり」(荏、柔弱也)とある。
  • 小人 … 『集注』に「小人は、細民なり」(小人、細民也)とある。「細民」とは貧しい庶民、下層階級の人。
  • 穿窬之盜 … 『集解』に引く孔安国の注に「人とかくのごとし。お小人の盗心有るがごときなり。穿せんは、壁を穿うがつなり。は、かきゆるなり」(爲人如此。猶小人之有盜心。穿、穿壁。窬、踰牆)とある。『集注』に「穿は、壁を穿うがつ。窬は、牆をゆ。其の実無く名を盗みて、常に人の知るをおそるるを言うなり」(穿、穿壁。窬、踰牆。言其無實盜名、而常畏人知也)とある。
  • 伊藤仁斎は「此れくらいに在る者の為に言えり」(此爲在位者言)と言う。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「いろれいにしてうちじん、是れ色を主として言う。色そうにして内そうならざるを謂うなり。心と言わずして内と言う。故に其の色を主として言うを知るなり」(色厲而内荏。是主色而言。謂色莊而内不莊也。不言心而言内。故知其主色而言也)と言う。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十